DDR3 と DDR3L、DDR3U の違い

動作電圧が異なる

DDR3(Double Data Rate 3)と DDR3L(Double Data Rate 3 Low voltage)、DDR3U(Double Data Rate 3 Ultra low voltage)の違いは動作電圧です。DDR3 の動作電圧は 1.5V ですが、DDR3L の動作電圧は 1.35V、DDR3U の動作電圧は 1.25V です。

規格 動作電圧
DDR3 1.5V
DDR3L 1.35V
DDR3U 1.25V

DDR3L の動作電圧は DDR3 の90%、DDR3U の動作電圧は DDR3 の約 83% となります。消費電力は電圧の2乗に比例しますので、DDR3L の消費電力は DDR3 の約 80%、DDR3U の消費電力は DDR3 の約 70% になります。

パソコンにとって消費電力が下がるのは良い事ですが、特にバッテリーで動作するノートパソコン等では消費電力が下がるとバッテリー駆動時間の延びにつながるため、消費電力量が下がる事による恩恵は大きいです。

そのため、省電力を重視しバッテリー駆動時間が長いノートパソコンで、DDR3L や DDR3U のメインメモリーを搭載するモデルがよく見られます。

また、メインメモリーを大量搭載するワークステーション等では、メインメモリーだけでも消費電力が高くなるため、消費電力が下がれば消費電力の削減量が大きくなり、環境に優しくなります。

他にもメリットがあり、消費電力が下がれば発熱量が小さくなるため、必要な冷却性能の緩和につながります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2014/10/03 更新