DDR3のみ対応マザーボードでDDR3Lメインメモリーは動作するのか

動作する

DDR3(Double Data Rate 3)のメインメモリーとDDR3L(Double Data Rate 3 Low voltage)のメインメモリーの違いは、動作電圧です。DDR3の動作電圧は1.5V、DDR3Lの動作電圧は1.35Vです。

私が使用したことがあるDDR3Lのメインメモリーの仕様を詳しく調べたところ、どれも動作電圧1.5Vでも使用可能、すなわちDDR3のみ対応マザーボードでも使えるものでした。

実際にDDR3LのメインメモリーをDDR3のみ対応マザーボードに搭載しても、正常に動作しました。

もしかしたら、動作電圧1.5Vでは使用不可、すなわちDDR3のみ対応マザーボードでは使えないDDR3Lのメインメモリーが存在するかもしれません。

ASCII.jp:低電圧メモリでPCをエコ化できるか? (3/4) によると、
低電圧メモリモジュールに使われているメモリチップは、本来1.5Vで動作するチップから、1.3Vでも安定動作する優秀なチップを選別したものだ。
とありますので、動作電圧1.5Vでは使用不可であるDDR3Lのメインメモリーは存在しないと思われます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2017/01/10 更新