外付け BD ドライブは、USB2.0 のデータ転送速度で十分なのか

BD のデータ転送速度と USB のデータ転送速度

外付け BD(ブルーレイディスク)ドライブの多くの製品は、USB 接続で使用できます。USB には幾つかの規格がり、規格によってデータ転送速度が異なります。

以下は、USB の規格とデータ転送速度一覧です。

規格 データ転送速度
USB1.1 12Mbbs
Hi-Speed USB (USB2.0) 480Mbbs
USB3.0 5Gbbs

USB1.1 は古くなりすぎてしまい、外付け BD ドライブに限らず他の周辺機器でも見られません。外付け BD ドライブには、USB2.0 がある製品もあれば、USB3.0 がある製品もあります。

一方、ディスク自体のデータ転送速度についてですが、BD は DVD よりも速くなっています。そこで気になるのは、USB2.0 のデータ転送速度を、BD のデータ転送速度が超えてしまわないかです。超えてしまえば、BD 本来のデータ転送速度を出せず、最大となるデータ転送速度は、USB2.0 のデータ転送速度になってしまいます。

最高倍速次第では、BD のデータ転送速度が USB2.0 のデータ転送速度を超えてしまう

BD のデータ転送速度は、何倍速で読み書きできるかで決まってきます。以下は、BD における主な倍速のデータ転送速度です。

倍速 データ転送速度
1倍速 36Mbps
2倍速 72Mbps
4倍速 144Mbps
6倍速 216Mbps
8倍速 288Mbps
12倍速 432Mbps
16倍速 576Mbps

16倍速となると、データ転送速度が USB2.0 の 480Mbps を超えてしまうのが分かります。しかし、各 USB 規格のデータ転送速度は理論上のデータ転送速度です。実効上のデータ転送速度は、理論上のデータ転送速度より遅くなります。

どの程度低くなるかは、ハードウェアの作りによりますが、理論上のデータ転送速度の半分出ない場合もあります。

ここでは、USB2.0 の実効上のデータ転送速度を、理論上のデータ転送速度の半分として 240Mbps とすると、8倍速となると超えてしまうのが分かります。BD のデータ転送速度は 240Mbps となり、約6.7倍速(240Mbps÷36Mbps)までしか出せない事になります。

仮に USB2.0 で理論上のデータ転送速度を出せたとしても、16倍速になれば 480 Mbps を超えてしまいます。そのため、外付け BD ドライブの最高倍速によっては USB2.0 のデータ転送速度で十分ですが、外付け BD ドライブは USB2.0 のデータ転送速度では不十分となります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2016/04/06 更新