倍速値が大きくなると、書き込み時間の短縮効果が出なくなってくる理由

ディスク内側部分では、倍速値が落ちる

CD ドライブや DVD ドライブの書き込み速度は、倍速値で表します。倍速値が大きいほどデータ書き込み速度は速く、書き込みにかかる時間が短くなります。

ここでは DVD に注目しますが、DVD では1倍速(等倍速とも呼ばれる)だと、1秒間に1385KB(キロバイト)のデータを書き込み可能です。2倍速の場合2770KB/sとなり、4倍速の場合5540KB/sとなります。

1倍速の場合、容量 4.7GB 分のデータ書き込みにかかる時間は約60分かかります。2倍速の場合、1秒間に可能なデータ書き込み量が2倍となりますので時間は約30分、同様に4倍速の場合は約15分かかります。

同様に計算すると、8倍速の場合は約7.5分かかりますが、8倍速あたりから実際のデータ書き込み時間と合わなくなってきます。実際には、8倍速だと約10分かかります。

その理由は、1秒間に書き込み可能なデータ量を維持しながらデータ書き込みするためには、DVD の内側の部分に行くほど DVD を速く回転させる必要がありますが、物理的な限界で DVD が壊れてしまうため、DVD の内側の部分にデータ書き込みを行う際は、DVD の回転速度が落ち、倍速値も落ちるからです。

DVD

上記の画像は DVD を表した図です。DVD の内側から外側へ向かってデータを書き込んでいきますが、内側にある赤線上と外側にある青線上では、1周分の長さが異なります。赤線の方が短いので、1周分に書き込めるデータ量は赤線上の方が小さいです。

そのため、1秒間に書き込むデータ量を同じにするためには、青線上よりも赤線上に書き込む時の方が、必要な DVD の回転速度が速くなります。

例えば、4倍速でデータを書き込む場合、データ書き込み場所が内側ほど DVD の回転速度が速く、外側ほど DVD の回転速度が遅くなります。

8倍速でデータを書き込む場合は、全体的に DVD の回転速度を上げなくてはなりませんが、DVD の内側にて8倍速でデータを書き込もうとしても、回転速度が速すぎて DVD が壊れてしまうため、4倍速でデータを書き込み、データ書き込み場所が DVD の外側へ行くにつれて4倍速から8倍速まで上がっていきます。

つまり、DVD 全体で見ると8倍速で書き込んでいないため、実際に8倍速でデータを書き込みした場合にかかる時間が、約7.5分ではなく約10分となります。

このように、書き込み時間の短縮効果が出なくなってくる現象は、倍速値が大きくなるほど目立ってきます。16倍速でデータを書き込む場合、実際に16倍速で書き込める領域は DVD 全体の半分もありません。もし DVD 全体にて16倍速でデータを書き込めれば約3.75分かかりますが、実際は約6分かかります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「シルバーウィークセール」を実施中です。XPSノートや人気の商品が最大20%オフクーポンでお得です。
(9月25日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「オータムセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(9月27日迄)


2015/07/13 更新