メインメモリー - デスクトップパソコンの選び方

メインメモリとは

メインメモリーとは、パソコンのデータを一時的に記憶しておく装置のことです。パソコンの頭脳的存在の CPU は、永続的にデータを記憶しておく装置であるハードディスク等のデータを利用する際は、メインメモリーを介して行います。

メインメモリーは、ハードディスク等と比べてデータの転送速度が速く、メインメモリーにデータを置いておく事で、CPU の処理速度の向上を実現しています。CPU と密接に関係して動作していますので、パソコンのパフォーマンスに大きく影響する部分です。

パソコンの性能の高さを重視するのであれば、CPU だけでなくメインメモリーについても、よく確認して選ぶ事が重要です。

メインメモリーの種類

メインメモリーは、デスクトップパソコンに搭載されているマザーボードに装着されます。マザーボードは、どのメインメモリーでも装着できるわけではなく、装着可能なメインメモリーの種類が決まっています。その種類の名称がメモリモジュールです。主に DIMM、RIMM 、SO-DIMM 、MicroDIMM があります。

デスクトップパソコンでは DIMM がよく使われています。小さなサイズのデスクトップパソコンでは、SO-DIMM が使われる場合があります。

メインメモリーの各種類を比較するとメリットやデメリットが出てきますが、選択を考えるほどの違いはありません。例えば、何らかの点で DIMM が優れているからといって、DIMM のメインメモリーを搭載するデスクトップパソコンを選んだ方が良いという事はありません。

そのため、デスクトップパソコン本体の購入の際は、メインメモリーの種類について気にする必要はありません。もし、既に持っているメインメモリーをデスクトップパソコンに増設したり、別途で増設用のメインメモリーを購入したりするのであれば、メインメモリの種類について確認する必要があります。

デスクトップパソコンの仕様等に、搭載しているメインメモリーの種類が記載されていますが、もし記載されていない場合は、販売しているショップに問い合わせる必要があります。

以下は、デスクトップパソコンに限らず、パソコンに搭載されているメインメモリーの種類一覧です。メインメモリーの種類について確認する場合は、どのような種類があるのか抑えておきたいです。
DIMM
Dual In-line Memory Module の略。よく使われる主流のメモリモジュール。
RIMM
Rambus In-line Memory Module 。DIMM と似ていますが仕組みが違うので DIMM とは互換性がありません。
SO-DIMM
Small Outline Dual In-line Memory Module の略。ノートパソコン用に小型化したメモリモジュール。
MicroDIMM
SO-DIMM をさらに小型化したメモリモジュール。

メインメモリーの容量の選び方

メインメモリーに注目してデスクトップパソコンを選ぶ際は、メインメモリーの容量が重要です。メインメモリーの容量次第で、どれだけのデータをメインメモリーに一時的に記憶できるか決まってきます。

十分なメインメモリー容量がないと、処理に必要なデータがメインメモリーに展開できなくなり、処理速度が大幅に低下してしまうので、メインメモリーの容量が大きいデスクトップパソコンを選びたいです。

メインメモリーの低価格化が進んだ事もあり、最近は安いデスクトップパソコンでもメインメモリー容量が 4GB はあります。これだけの容量があれば、インターネットやメール等、一般的な使用用途であれば十分です。

動画編集や画像編集、PC ゲーム等、メインメモリー容量を多く必要とする作業に使うのであれば、8GB 以上は欲しいです。

BTO カスタマイズ容量アップ

どの直販ショップも、たいていのモデルで BTO カスタマイズによるメインメモリーの容量アップが可能になっています。パソコン本体価格を抑えるせいか、注文前の標準仕様だとメインメモリー容量が少なめとなっている場合もありますので、標準仕様でメインメモリー容量が少ないと感じても、容量アップできるかどうか確認しておくと良いです。

直販ショップは、良心的な価格でメインメモリー容量アップできますが、中にはやや高いと感じる所もあります。メインメモリーの交換や増設は、比較的簡単な方ですので、可能であれば自分で別途でメインメモリーを購入して容量アップすれば、安く抑えられます。

小型サイズのデスクトップパソコンの容量上限

どのパソコンでも、増やせるメインメモリーの容量には上限がありますが、小型サイズのデスクトップパソコンはマザーボードの仕様や搭載可能なメインメモリー枚数が少ない事もあり、その上限が小さいです。これは、デスクトップパソコン省スペース型や一体型、キューブ型に当てはまります。

小型サイズのデスクトップパソコンを選択し、BTO カスタマイズでメインメモリー容量を増やしても足りない場合は、搭載可能なメインメモリーの枚数が多く、搭載可能なメインメモリー容量の上限が大きいマザーボードを搭載するデスクトップパソコンタワー型に選びなせないか検討してみるのがおすすめです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のPC祭り!」を実施中です。今ならすぐに届く即納モデルがお買い得で、クーポン&キャッシュオフで15%オフです。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ドスパラの夏祭り」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツや周辺機器もさらに値下げして特価販売しています。
(8月31日迄)

2013/09/03 更新