デスクトップとノートどちらを選ぶか - ゲームパソコンの選び方

デスクトップパソコンタワー型がおすすめ

PC ゲームのプレイに最適なゲームパソコンを選ぶなら、以下のようなメリットがあるため、デスクトップパソコンタワー型がおすすめです。

コストパフォーマンスが高い

タワー型は、性能の割りに価格が安いです。タワー型に限らず、パソコンは低価格化が進みましたが、タワー型のコストパフォーマンスの高さは群を抜いています。

ゲームパソコンは、価格が高い高性能 PC パーツが必要で、どうしてもパソコンの価格が高くなってしまいますが、タワー型を選べば予算を抑えられます。

内部スペースが広く、冷却性に優れる

タワー型は、本体サイズが大きいので内部スペースが広く、冷却性に優れます。ゲームパソコンは、発熱量が大きい高性能 PC パーツが必要ですが、タワー型であれば冷却性に優れるため異常な温度上昇による動作不良が起きにくく、熱による劣化を軽減します。

高性能ビデオカードを搭載できる

ゲームパソコンは、描画性能の高さが重要になってきます。その描画性能の高さを左右するのがビデオカードです。描画性能が高いビデオカードは、本体サイズが大きいため、タワー型でないと搭載できません。

CPU やマザーボードに内蔵されるビデオチップが、技術進歩によってゲームパソコンとして使えるまで描画性能が高くなりましたが、ビデオカードの描画性能と比べるとまだまだ低いです。

ノートパソコンでも PC ゲーム

昔は、PC ゲームをやるならデスクトップパソコンでした。その中でもタワー型を選ぶのが合理的でした。タワー型は、性能に割りに価格が安く、本体内部スペースが広いため冷却性や拡張性に優れ、高性能な PC パーツを搭載できるという利点があり、今でもゲームパソコンに相応しいです。

しかし、今ではノートパソコンの低価格化が進み、PC パーツの性能が進化して、ノートパソコンでも十分 PC ゲームができる性能を持てるようになり、ゲームパソコンとして販売されているノートパソコンが多くなりました。

同様に、デスクトップパソコン省スペース型や一体型が、ゲームパソコンとして販売されているのも、よく見られるようになっています。

ノートパソコン等の小型サイズのパソコンは、デスクトップパソコンタワー型と比べるとコストパフォーマンスが悪く、ビデオカードが搭載できないため、描画性能に弱点がありますが、十分な予算があり、プレイしたいゲームの推奨スペックを満たしているのであれば、ノートパソコン等の小型サイズのパソコンを選んでも問題ありません。

設置スペースが抑えられ、ノートパソコンであれば持ち運びしやすいというメリットがありますので、タワー型と比較すると出てくるデメリットが問題なければ、選ぶ価値は十分あります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSD追加&容量増量キャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール!」を実施中です。今なら週末(金〜月)限定で、クーポンでさらに17%オフです。XPS 13が当たるメルマガ登録キャンペーンも実施中です。
(6月26日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツもさらに値下げして特価販売しています。
(6月29日迄)

2014/09/15 更新