両端がMicro-BオスのUSBケーブルは何に使うのか

Micro-B オスは、Micro-B メスや Micro-AB メスに差し込める

USB ケーブルの中には、両端が Micro-B オスとなっている USB ケーブルがあります。

Micro-B オスは、Micro-B メスや Micro-AB メスに差し込めますが、Micro-B メスや Micro-AB メスは主にタブレットやスマートフォン、周辺機器に普及しています。

両端 Micro-B オスの USB ケーブルの主な使い道は、2つあります。

データ転送やバスパワーによる充電をする

1つ目は、Micro-B メスや Micro-AB メスがあるタブレットとスマートフォンを接続し、データ転送やバスパワーによる充電です。タブレット同士やスマートフォン同士の接続にも使うことができます。

2つの機器を USB 接続するなら、どちらかがホストになる必要がありますので、ホストになる方が USB On-The-Go(USB OTG)という機能に対応している必要があります。

USB On-The-Go 機能に対応しているタブレットやスマートフォンをホストとして動作させるには、ホストケーブルを差し込む必要がありますので、両端 Micro-B オスの USB ケーブルはホストケーブルとなっています。

ちなみに、タブレットやスマートフォンには様々な製品がありますが、ホストになる方が USB On-The-Go に対応していても、両端 Micro-B オスの USB ケーブルを接続すれば、データ転送や充電できるとは限りません。

これらが可能かどうかは、各製品の仕様によります。

タブレットやスマートフォンで周辺機器を使う

2つ目の使い道は、Micro-B メスや Micro-AB メスがあるタブレットと Micro-B メスがある周辺機器、または Micro-B メスや Micro-AB メスがあるスマートフォンと Micro-B メスがある周辺機器を、両端 Micro-B オスの USB ケーブルで接続し、タブレットやスマートフォンで周辺機器を使うです。

この場合は、タブレットやスマートフォンがホストとして動作する必要がありますので、周辺機器を接続するタブレットやスマートフォンが USB On-The-Go に対応している必要があります。

タブレットやスマートフォン、周辺機器には様々な製品がありますが、周辺機器を接続するタブレットやスマートフォンが USB On-The-Go に対応していても、両端 Micro-B オスの USB ケーブルを接続すれば、タブレットやスマートフォンから周辺機器を使えるとは限りません。

使えるかどうかは、各製品の仕様によります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。人気のDell Gなどプレミアムノートブックが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月13日迄)


2017/08/02 更新