USB ホストケーブルと普通の USB ケーブルの違い

USB ホストケーブルは、USB On-The-Go 搭載機器をホストとして動作せたい場合に使用する

USB 接続で機器同士を接続する場合は、ホストとデバイスで接続する必要があります。ホストが制御する側、デバイスが制御される側となります。例えば、パソコンとキーボードやマウス等の周辺機器を接続する場合、パソコンがホスト、周辺機器がデバイスとなります。

USB ホストケーブルは、USB On-The-Go(USB OTG)という機能が搭載された機器を、ホストとして動作させたい時に使用します。USB On-The-Go 搭載機器には、主にスマートフォンとタブレットがありますが、これらのモバイル機器は、USB 接続時はデバイスとしての動作が基本となり、USB On-The-Go が搭載されているならホストとしても動作できます。

普通の USB ケーブルには、内部に4本の信号線がありますが、USB ホストケーブルには内部に5本の信号線があります。USB On-The-Go 搭載機器は内部の信号線の違いを認識し、USB ホストケーブルが接続された場合はホストとして動作します。普通の USB ケーブルが接続された場合はデバイスとして動作します。

例えば、USB On-The-Go 搭載スマートフォンに、キーボードやマウス等の周辺機器を接続する場合、周辺機器はデバイスとして動作します。スマートフォンはホストとして動作させる必要がありますので、両者を USB ホストケーブルで接続する必要があります。普通の USB ケーブルだと、デバイス同士の接続となってしまい、スマートフォンで周辺機器を使用できません。

ホストとして動作するパソコンと USB On-The-Go 搭載スマートフォンを接続する場合、スマートフォンはデバイスとして動作させる必要がありますので、普通の USB ケーブルで接続する必要があります。USB ホストケーブルだと、ホスト同士の接続となってしまい、パソコンでスマートフォンを使用できません。

USB On-The-Go 搭載機器 接続ケーブル 接続相手機器
スマートフォン
(ホストとして動作)
USB ホストケーブル 周辺機器
(デバイスとして動作)
スマートフォン
(デバイスとして動作)
普通の USB ケーブル パソコン
(ホストとして動作)

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2017/02/16 更新