複数のビデオカードによるパフォーマンス向上技術 - ビデオカードの選び方

複数のビデオカードを連携させる技術、SLI と CrossFire

パソコンは、ビデオカードを複数搭載する事が可能です。さらに、搭載した複数のビデオカードを利用してグラフィックス処理の性能を向上させる事もできます

この複数のビデオカードを利用してグラフィックス処理の性能を向上させる技術は、有名なビデオチップの製造メーカー( nVIDIA 、ATI )で開発され、nVIDIA 製を SLI 、ATI 製を CrossFire と呼びます。

この技術が導入されていなければ、複数のビデオカードによって映像処理のパフォーマンスは上がらず、マルチディスプレイ環境などに役立つ程度となります。

nVIDIA 製のビデオチップを搭載するビデオカードを複数搭載し、グラフィックス性能を高めるのであれば、ビデオカードとマザーボードが SLI に対応している必要があります。同様に ATI 製のビデオチップの場合は、ビデオカードとマザーボードが CrossFire に対応している必要があります。

そのため、SLI を利用する場合は、SLI に対応しているビデオカードを選ぶ必要があり、CrossFire を利用する場合は、CrossFire に対応しているビデオカードを選ぶ必要がありますが、マザーボードも対応していないと SLI、もしくは CrossFire を利用できないので注意が必要です。

SLI または CrossFire のメリットとデメリット

複数のビデオカードを使い、連携させる最大のメリットは、グラフィックの処理速度が向上する事です。どれくらい向上するかは、処理内容によりますが、ほぼ倍増します。例えば、2枚のビデオカードの場合、処理速度は1枚のビデオカードの約2倍となります。

ただし、ソフトウェア側が対応していないと向上しません。現状では、複数のビデオカードにグラフィックス処理させてパフォーマンスをあげる技術に対応しているソフトウェアは、一部の PC ゲームや映像編集ソフトウェアに限られます。よって、一般的な使用用途で使うソフトウェアのほとんどは、複数のビデオカードの連携による恩恵を受けられません。

デメリットは、消費電力や発熱量が大きくなる事です。また、ビデオカードの技術進化は速く、複数のビデオカードによって得られた性能を超えるビデオカードがどんどん出てきます。そのため、複数のビデオカードを利用してメリットを得たいのであれば、最新で最高クラスの性能を持つビデオカードを利用しないと、後に出てくる最新のビデオカード1枚の性能に、短期間で抜かれてしまいます。

ただし、最新で最高クラスの性能のビデオカードを使わず、標準的なビデオカードを複数使ってパフォーマンスをあげる事に、コスト的なメリットが出てくる場合があります。最新で最高クラスのビデオカードは、1枚の価格がかなり高いですが、この価格以下で性能が劣る2枚のビデオカードをそろえて、最新で最高クラスのビデオカード1枚を使うよりも性能を上げる事ができる場合があります。

しかし、コストの差は大きく出る事はなく、SLI や CrossFire に対応したマザーボード価格の上昇分、複数のビデオカード搭載による消費電力増大のコスト等を考えると、コスト的なメリットは大きくありません。

そのため、SLI や CrossFire の利用は、最新の最高性能クラスのビデオカードの性能ですら足りず、さらに上を求めるユーザーに向いていると言えます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。大人気のおすすめ売れ筋パソコンが多数用意されており全モデルカスタマイズ可能です。
(特集実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(セール実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、人気のゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出しており、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典も目白押しです。
(12月14日迄)


2013/09/07 更新