ビデオカード搭載パソコンと非搭載パソコン

パソコンによってビデオ機能の提供部分が違う

パソコンには、映像データをディスプレイに出力するビデオ機能が必須です。たいていのパソコンでは、そのビデオ機能が内蔵されたマザーボードを搭載していますので、マザーボードがあれば、ビデオ機能が得られる事になります。マザーボードがビデオ機能の役割をしているパソコンの場合、スペック表などにオンボード、またはチップセット内蔵と書いてあります。

しかし、マザーボードに内蔵されたビデオ機能は、おまけ的なものである事が多く、全てのユーザーが満足するようなパフォーマンスを持っていません。そこで、ビデオ機能の役割を専用に担うビデオカードを搭載する手段があります。

もちろん、パソコンにビデオカードを必ず搭載する必要はありません。マザーボードにあるビデオ機能で十分ならビデオカードは不要です。

マザーボードによっては、ビデオ機能が内蔵されていませんが、その場合は、ビデオカードが必要になってきます。ビデオ機能が無いマザーボードはあまり見られず、直販ショップで販売されているパソコンであれば、必ずと言って良いほど、ビデオ機能が内蔵されたマザーボードが搭載されています。

ビデオカードとは

ビデオカードは、パソコン本体からモニター等へ映像データを出力する役割をする専用の PC パーツです。他の外部機器からの映像データをパソコンに入力できるビデオカードもあります。

もし、パソコンがビデオカードを搭載しているのであれば、パソコンのスペック表には、ビデオカードが搭載しているビデオチップ名が必ず書いてあります。ビデオカードの性能は、ビデオチップの性能で決まると言っても過言ではなく、ビデオカードを選ぶ事は、ビデオチップを選ぶ事と言ってもいいくらいです。

ビデオチップは、nVIDIA (エヌビディア)製の GeForce (ジーフォース)シリーズと、ATI 製の RADEON (ラデオン)シリーズが有名で、多くのパソコンに搭載されるビデオーカードには、これらのビデオチップが搭載されています。

パソコン使用目的とビデオカード

パソコンでインターネットやメールなどをする場合ビデオカードの性能はあまり重要ではありませんが、特に PC ゲームをパソコンでプレイしたい場合は、ビデオカードの性能が重要です。3D グラフィックを多用する PC ゲームは高い描画性能を要求しますので、ある程度性能が高いビデオカードじゃないと、最悪ゲームをプレイすることすらできません。ビデオカードの性能によってテレビや DVD 映画の画質も変わってきますので、パソコンを動画再生によく使う方もビデオカードの性能を重視する必要があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ゴールデンウィークセール」を実施中です。すぐ届く即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)

2013/11/14 更新