無線 LAN と Wi-Fi の違い

無線 LAN とは

無線 LAN は、無線でデータの送受信を行うネットワークの事です。無線には様々な規格が存在します。一般的には、無線 LAN は、規格 IEEE 802.11 シリーズを利用したネットワークを意味します。

無線 LAN を利用するには、無線 LAN 機器が必要です。必要なのは親機(アクセスポイント)と子機(無線 LAN アダプタ)です。

前者の親機はインターネットに繋がり、無線を飛ばして子機とデータの送受信を行います。つまり、インターネットと無線 LAN との橋渡しの役割を担います。後者の子機は、親機とデータの送受信を行う無線 LAN 機器です。この結果、子機は親機を介して、インターネット上で繋がっている相手とデータの送受信を行う事ができます。

両者は、コードレス電話の親機と子機の関係と同様です。上記のように言えば、コードレス電話の親機は電話回線と無線との橋渡しの役割を担い、コードレス電話の子機は親機とデータの送受信を行います。この結果、子機は親機を介して、さらにその先の電話回線で繋がっている相手と通話する事ができます。

Wi-Fi とは

Wi-Fi は、Wireless Fidelity の略であり、規格 IEEE 802.11 シリーズに準拠している事を示すブランド名です。このブランド名が付いた無線 LAN 機器は、業界団体 Wi-Fi Alliance から認定を受けており、同じブランド名が付いている無線 LAN 機器との相互接続性が保証されています。

まだ、無線 LAN 機器があまり普及していなかった頃は、Wi-Fi というブランド名は存在せず、異なるメーカーの無線 LAN 機器同士では接続できない事が起こりえる問題がありました。Wi-Fi というブランド名が登場した事により、異なるメーカーの無線 LAN 機器同士でも、Wi-Fi というブランド名が付いていれば、接続ができる事が保証されていますので、ユーザーは安心して無線 LAN 機器を購入できるようになりました。

Wi-Fi というブランド名が付いている証として、Wi-Fi CERTIFIED ロゴが使われており、Wi-Fi Alliance から認定を受けている無線 LAN 機器には、本体やパッケージ(箱)等に、このロゴが表示されています。

無線 LAN = Wi-Fi

以上から、無線 LAN は技術用語、Wi-Fi はブランド名であり、似ているようで異なる意味を持つ事がわかります。しかし、実際は無線 LAN の事を Wi-Fi と呼ぶ事も多く、無線 LAN と Wi-Fi の違いについて深く考えずに同じものと認識して問題はありません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2013/11/14 更新