メモリーコントローラーを、チップセットから CPU に内蔵する事で何が変わったのか

メモリーアクセス時間の短縮を実現

インテル社の CPU で、Core 2 Duo や Core 2 Quad の後継として登場した Core i7 では、メモリーコントローラーが CPU に内蔵されました。

メモリーコントローラーは、メインメモリーの制御を行う集積回路です。従来は、マザーボードのチップセットがメモリーコントローラーを内蔵していましたが、CPU に内蔵する事で大きく変わりました。何が変わったかというと、メモリーアクセス時間の長さです

メモリーアクセス時間とは、CPU からメインメモリーに対して処理を行うよう命令を出してから、メインメモリーが処理を行うまでにかかる時間の事です。

CPU からのデータの読み込み、書き込み等の処理の命令は、メモリーコントローラーを経由しますが、マザーボード上のチップセットから CPU に内蔵する事で、CPU から直にメインメモリーへアクセスできるようになり、メモリーアクセス時間の短縮を実現しました。

メモリーコントローラーを CPU に内蔵する前は、メモリーアクセス時間の長さが問題と見られるほどでしたが、CPU に内蔵する事でメモリーアクセス時間が短くなり、パソコンの性能向上につながる結果となりました。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2014/06/30 更新