メーカーとショップブランドの違い

メーカー製パソコンとショップブランドと呼ばれるパソコン

パソコンは、メーカーによって製造されたものが多く普及していますが、他にショップブランドと呼ばれるパソコンもあり、これらはパソコンショップで販売されています。ショップブランドはホワイトボックス、またはオリジナルパソコンとも呼ばれており、主にPCパーツやパソコン周辺機器を販売するショップで買う事ができます。

パソコンを買うときは、メーカー製パソコンかショップブランドを選ぶ事になりますが、両者で異なる特徴やメリットがあります。最近は、両者の違いが小さくなり、境界が曖昧になってきたので、メーカー製パソコンとショップブランドをはっきりと分ける事が難しくなってきましたが、まだコストパフォーマンスや付属物等の違いが大きく、両者のメリット、デメリットを考えて、自分に合ったパソコンを選ぶ必要があります。

メーカー製パソコンとは

パソコン製造業者が製造、販売するパソコンを、メーカー製パソコンと呼びます。パソコンに使われる多くのPCパーツは、PCパーツ製造メーカーによって作られており、それらPCパーツを組み立てる点は、ショップブランドと似ていますが、メーカー製パソコンでは、メーカー独自のPCパーツが使われている事が多く、PCケースや内部も独自のデザインとなっている場合が多いです。またあらかじめインストールされているソフトが多く、様々な機能が付属します。

ショップブランドとは

PCパーツやパソコン周辺機器を専門に扱うパソコンショップで販売されるパソコンを、ショップブランドと呼びます。ショップブランドで使われているPCパーツは、たいてい市販されているPCパーツなので、自分でそれぞれのPCパーツを買って組み立てれば、ほぼ同じパソコンが得られます。よって、ショップブランドはシンプルな仕様になっており、その分価格が安くコストパフォーマンスが高いです。また、後にユーザーの手によるPCパーツの追加がしやすいようになっており、そのため本体サイズが大きくなりがちですが、拡張性にも優れています。

メーカー製パソコンの特徴

一般にメーカー製パソコンと呼ばれるパソコンでも、ショップブランドとも呼べるくらい、ショップブランドの特徴に似たメーカー製パソコンもあります。しかし、国内の大手メーカー(NEC、富士通、SONY、東芝、パナソニック等)では、以下のメーカー製パソコンの特徴がほぼ当てはまります。
デザインに優れている
メーカー製パソコンでは、PCケースにもコストをかけており、独自のデザインで個性を重視するユーザーを引きつけています。また、遮音性が高く、PCパーツを高温や振動から守る設計も取り入られており、品質が高いです。
設置スペースをとらないモデル数が多い
メーカー製パソコンには、需要が多い一体型、省スペース型デスクトップパソコン、モバイルノートパソコンのラインナップが豊富です。一方のショップブランドでは、タワー型デスクトップパソコン、大画面ノートパソコンのモデル数が多いですが、これはショップブランドを買うユーザーは、コンパクト性よりも、拡張性や性能面を重視してパソコンを選ぶ傾向があるからかもしれません。
プリインストールソフト数が多い
メーカー製パソコンには、はじめからインストールされているソフトの数が多く、ユーザーをサポートするソフトや各種エンターテイメント系ソフトが充実しています。特にパソコン初心者にとって役立つソフトが多く、パソコンではどんなソフトがあり、そのソフトを使ってどんな事ができるのかを知る良いきっかけとなります。
サポート、アフターサービスに優れている
一般に、大手メーカーでは購入後のサポートやアフターサービスに優れ、充実していると言われており、購入後に故障等の何らかのトラブルが発生したときに、丁寧かつ迅速な対応が受けられるそうです。私は、メーカーのサポートやアフターサービスを利用した事がないので、実態はわかりませんが、メーカー製のパソコンは、パソコン初心者に買われる事が多いので、サポートやアフターサービスが充実している事は、メーカーにとって不可欠でしょう。

ショップブランドでは、サポートやアフターサービスに不安があると言われていますが、その理由は、ショップブランドではサポートやアフターサービスに対する需要が低いせいかもしれません。なぜなら、ショップブランドはパソコンにある程度慣れた方が多く、購入後短い期間で壊れた故障等、どうしようもないトラブル以外では、サポートやアフターサービスを利用しないと思います。例えば、大手メーカーの直販サイトでは、サポートに寄せられた購入者からの質問と回答が掲載されていますが、パソコンにある程度慣れた方なら、同様なトラブルに直面したとき、説明書等を読み考えるか、書籍やウェブサイトを調べて自力で解決してしまうでしょう。よって、ショップブランドでは、サポートやアフターサービスに力を入れるよりは、その分にかかるコストを削減し、できるだけパソコンを安く販売する事に力を入れると思います。故障等、自力では解決できない問題には、ショップブランドを販売するショップでも真摯に対応してくれるはずです。そうでなければ、信頼性に関わる問題であり、いずれそのショップからユーザーは離れていくでしょう。

ショップブランドの特徴

ショップブランドの特徴には、 メーカー製パソコンの特徴とは逆の内容になっている項目があります。メーカー製パソコンとショップブランドでは、ターゲット層が異なり、人によってどちらが合うのか分かれてきます。人によっては、ショップブランドのメリットがデメリットに感じる事もあるので、 両者の違いから、自分のパソコンの使用用途等に合っているのかメーカー製パソコンなのか、それともショップブランドなのか見えてくるでしょう。
デザインがシンプル
ショップブランドのパソコンは、市販されているPCケースを採用している事が多く、そのようなPCケースはシンプルなデザインである事が多いです。よって、ショップブランドでは、昔からあるようなパソコンの外観になっています。またショップブランドの中には、メーカー製でも見られないような奇抜なデザインのPCケースが使われている場合もあります。
プリインストールソフト数が少ない
プリインストールソフト数が多い事がメーカー製パソコンのメリットでしたが、ショップブランドでは、このプリインストールソフト数が少なく、パソコン購入時に入っているソフトは、OS関連のソフトやセキュリティソフトの体験版くらいです。よって、これはデメリットかと思われますが、これはメリットにもなりえます。なぜなら、メーカー製パソコンにプリインストールソフトの大半は、使われなくなります。その理由は、メーカー製のプリインストールソフトの中には、パソコン初心者向けのソフト(使い方の説明やヘルプ機能が充実したソフト)があり、それらはパソコンに慣れてくれば使わなくなります。それにフリーソフトと呼ばれる無料で使えるソフトがネットには充実しており、フリーソフトで代用する事になる、またはソフト単体で販売されている市販ソフトの方が、高機能で使いやすいと気づくからです。よって、パソコンにある程度慣れた方なら、メーカー製パソコンにプリインストールされたソフトの大半は使わないものであり、それらにコストを支払うメリットはありません。よって、プリインストールソフト数が少ないショップブランドは、特にパソコン中級車、上級者にとって適しています。
価格が安い
ショップブランドは、メーカー製パソコンに比べコストパフォーマンスが高く、高性能なパソコンでも比較的安く購入できます。価格が安い理由は、プリインストールソフトの削減等、多岐に渡りますが、メーカー製パソコンにも、ショップブランドに匹敵するほどコストパフォーマンスに優れたパソコンがあります。
選択できるPCパーツの種類が豊富
メーカー製パソコンとショップブランドは、直販ショップで販売されていますが、どちらもBTOと呼ばれる受注生産方式で販売している事が多く、私たちはパソコンに使われるPCパーツの種類を指定して注文できます。ただし、PCパーツは組み合わせ次第では動きませんので、可能な組み合わせの範囲の中で選べますが、一般にショップブランドの方が選べるPCパーツの種類が豊富です。大手メーカーでは、PCパーツの組み合わせパターンを増やすと、品質検査等によるコストが増大するせいか、選択できるPCパーツの種類はかなり絞られます。特にハイスペックパソコンとなるほど、その傾向は見られます。この事から、ショップブランドは、PCパーツの組み合わせパターンが多い分、使用していると何かトラブルが起きやすいのではと思われますが、私の経験上ショップブランドのパソコン使っていても特に大きな問題が起きた事はありませんし、そのような声をウェブやパソコンに詳しい知り合いからも聞かれません。そもそも、可能なPCパーツの組み合わせパターンは、明確に決まっており、それを守っていれば、後に正常に動かなくなる等のトラブルが起こる可能性は非常に少ないでしょう。

主要メーカーとショップ

以下の表は、メーカー製パソコンを製造、販売するメーカーと、ショップブランドを製造、販売するショップの一覧です。これで全部ではなく、この表には書かれていないメーカーやショップもあります。以下の表は、パソコン専門誌等の分け方と違う可能性がありますが、私は、以下のように分けています。

メーカー ショップ
Acer(エイサー)
emachines(イーマシーンズ)
Gateway(ゲートウェイ)
Lenovo(レノボ)
NEC
エプソン
シャープ
ソーテック
ソニー
デル
パナソニック
ヒューレット・パッカード
マウスコンピューター
東芝
富士通
VSPEC(ヴイスペック)
サイコム
ストーム
ツートップ
ツクモ
ドスパラ
ハーキュリーズ
パソコン工房

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSD追加&容量増量キャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール!」を実施中です。今なら週末(金〜月)限定で、クーポンでさらに17%オフです。XPS 13が当たるメルマガ登録キャンペーンも実施中です。
(6月26日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツもさらに値下げして特価販売しています。
(6月29日迄)


2015/07/23 更新