高性能モデルを選ぶなら

高性能モデルを選ぶなら、海外メーカーかパソコンショップの直販ショップを推奨

高性能モデルを選ぶと、どうしても価格が高くなります。良いものに対しては、それなりの対価を支払う必要はありますが、できるだけ安く買いたいところだと思います。

もし、できるだけ高性能モデルを安く買いたければ、海外メーカーか、ショップブランドを販売しているパソコンショップの直販ショップで買うのがおすすめです。国内メーカーの直販ショップは、どこも高性能モデルの価格がかなり高いと感じる事が多く、そもそも需要が少ないせいか高性能モデルは販売していない場合が珍しくありません。

アフターサービス(サポートサービス)重視で選ぶなら、海外メーカーの直販ショップを推奨

高性能モデルを安さで選ぶとなると、海外メーカーかパソコンショップがおすすめですが、できるだけ安く買いたければパソコンショップがおすすめです。

ただし、海外メーカーならではの良い点もありますので、選ぶときはどちらが自分に合っているのかよく考える必要があります。例えば、海外メーカーは、アフターサービス(サポートサービス)がしっかりしていますので、購入後の事も考えるなら、海外メーカーが良いでしょう。

ただし、海外メーカーは、質の高いアフターサービスを受けたいのであれば、事前に料金を支払う必要があります。国内メーカーだと、パソコンに限った事ではないですが、無償で質の高いアフターサービスが付くのが当たり前ですが、世界的にみれば質の高いアフターサービスにはそれなりの対価を支払うのが標準的です。有料といっても、国内メーカーでははじめからアフターサービスに関わる料金がパソコンの価格に含まれていると考えれば、安いものです。事前に支払うか選択肢をしっかり用意している点を考えれば、海外メーカーは購入者に対して良心的と言えるでしょう。

安さだけがメリットじゃないパソコンショップの直販ショップ

ショップブランドを販売するパソコンショップは安さだけがメリットだけではありません。まず、パソコンショップは多種類の PC パーツを販売している事もあり、パソコンの販売モデルやパソコン注文時に変更可能な PC パーツの種類が豊富です。海外メーカーや国内メーカーだと PC パーツを変更して注文すると多少割高になる傾向がありますが、パソコンショップではそのような傾向がありませんので、カスタマイズして注文したい場合も安く買えます。

また、マザーボードや電源ユニット等の詳細な情報を公開している事が多く、選ぶ際の判断に役立ちます。特に高性能モデルは、一つ一つの PC パーツの性能や品質が高くないと、熱暴走等のトラブルにつながりますので、個々の PC パーツに関する情報は重要です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSD追加&容量増量キャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール!」を実施中です。今なら週末(金〜月)限定で、クーポンでさらに17%オフです。XPS 13が当たるメルマガ登録キャンペーンも実施中です。
(6月26日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツもさらに値下げして特価販売しています。
(6月29日迄)


2013/09/17 更新