M.2 と Hyper M.2 や Ultra M.2 の違い

対応している PCI Express のリビジョンが違う

M.2 は、マザーボードと拡張カードとの接続に使われるインターフェースです。

M.2 ではなく、Hyper M.2 や Ultra M.2 も見られます。M.2 と Hyper M.2 や Ultra M.2 には、対応インターフェース規格に違いがあります。

以下は、両者の対応インターフェース規格です。

M.2 Serial ATA 6.0 Gbps
PCI Express 2.0 x4
Hyper M.2
Ultra M.2
Serial ATA 6.0 Gbps
PCI Express 3.0 x4

両者を比べると、対応している PCI Express のリビジョンに違いがあります。M.2 は PCI Express 2.0 に対応しており、Hyper M.2 や Ultra M.2 は PCI Express 3.0 に対応しています。つまり、Hyper M.2 や Ultra M.2 の方が、データ転送速度が速いです。

PCI Express 2.0 x4 20Gbps
PCI Express 3.0 x4 40Gbps

ちなみに、x4 は対応レーン数の上限を表しています。つまり、レーン数の上限は4ですが、x2(レーン数の上限は2)の場合もあります。レーン数が異なればデータ転送速度も異なります。

レーン数の上限が2の場合は、以下のデータ転送速度となります。

PCI Express 2.0 x2 10Gbps
PCI Express 3.0 x2 20Gbps

Hyper M.2 や Ultra M.2 という名称は、いずれ見られなくなるかもしれない

Hyper M.2 や Ultra M.2 は、マザーボードのメーカーが独自に決めた名称であり、ASUS が Hyper M.2、ASRock が Ultra M.2 という名称を付けて使用しています。

M.2 は、PCI Express に対応するとして登場したインターフェースですが、PCI Express の特定のリビジョンに対応するとして登場したインターフェースではありません。

M.2 がマザーボードに見られるようになってから、しばらくは PCI Express 2.0 に対応している M.2 のみが見られましたが、PCI Express 3.0 に対応している M.2 が出始め、PCI Express 3.0 に対応している事を分かりやすくするために、Hyper M.2 や Ultra M.2 という名称が作られたと思われます。

いずれ PCI Express 3.0 に対応している M.2 が主流となれば、Hyper M.2 や Ultra M.2 という名称は見られなくなるかもしれません。

2015年1月1日時点では、マザーボードにある M.2 は、PCI Express 2.0 に対応している M.2 が主流であり、PCI Express 3.0 に対応している M.2 は少なく、ASUS のマザーボードでは Hyper M.2、ASRock のマザーボードでは Ultra M.2 が見られます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「シルバーウィークセール」を実施中です。XPSノートや人気の商品が最大20%オフクーポンでお得です。
(9月25日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「オータムセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(9月27日迄)


2015/06/19 更新