SATA Express と M.2 の排他仕様に注意

排他仕様だと同時使用できない

レーン数を共有するように割り振られると排他仕様となる

SATA Express と M.2 は、ストレージと接続するためのインターフェースです。

2015年1月1日時点では、ストレージと接続するためのインターフェースは SATA が主流のため、SATA Express や M.2 があるマザーボードは少ないですが、徐々に見られるようになってきました。

SATA Express と M.2 の両者があるマザーボードがありますが、排他仕様となっている場合があります。SATA Express と M.2 は、どちらも規格 PCI Express に対応しますが、マザーボード全体の PCI Express のレーン数には上限があり、SATA Express と M.2 同時使用できるようにレーン数が割り振られているとは限らないからです。

PCI Express のレーンとは、データを車と例えると、1本の道路のようなものです。道路がないと車が行き来できないように、インターフェースもレーンがないとデータが行き来できません。

SATA Express と M.2 それぞれにレーン数を割り振れば、同時使用が可能となりますが、ビデオカード等の拡張カードと接続するための PCI Express 対応拡張スロット等、他のインターフェースにレーン数が優先的に割り振られ、SATA Express と M.2 が残ったレーン数を共有するように割り振られると排他仕様になります。

SATA Express と M.2 が各1つあり、排他仕様の場合

インターフェース SATA Express 使用時 M.2 使用時
SATA Express 接続して使用 使用不可となる(※)
M.2 使用不可となる(※) 接続して使用
(※)接続しても認識しなくなる

SATA Express と M.2 の排他仕様は、しばらくは多く見られる

SATA Express と M.2 は、新しいインターフェースであり、これらのインターフェースがあっても SATA Express と M.2 が各1つある程度です。

まだストレージと接続するために使われるインターフェースは、SATA が主流であり、M.2 接続可能なストレージは徐々に増えてきていますが、SATA Express 接続可能なストレージは非常に少ないので、しばらくは SATA Express と M.2 が排他仕様となっているマザーボードが多く見られると思われます。

また、マザーボード全体の PCI Express のレーン数の上限が、もっと増えないと、SATA Express と M.2 の排他仕様は無くならず、他に SATA Express と M.2 の数を多くする事は難しいと思われます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ブラック フライデー プレセール」を実施中です。人気のデルPCが最大17%オフクーポンでお得です。
(11月19日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月13日迄)


2015/06/20 更新