Thunderbolt 3ケーブルならバスパワーで最大100W供給可能なのか

Thunderbolt 3 ケーブルも最大 100W 供給に対応している必要あり

Thunderbolt 3 では、端子形状 USB Type-C を採用したので、USB Power Delivery に対応することが可能となり、バスパワーで最大 100W 供給可能です。

バスパワーで供給可能な電力の上限はハードウェアの仕様によりますので、実際のパソコン等では、USB Power Delivery に対応していたとしても、バスパワーで最大 100W 供給可能とは限らず、100W より小さいことがあります。

電力の供給を受ける側でも、同様です。

電力を供給する側、電力を供給される側、共に上限が 100W だとしても、両者を接続する Thunderbolt 3 ケーブルが USB Power Delivery に対応しており、かつ上限が 100W でないと、バスパワーで最大 100W 供給可能とはなりません。

例えば、バスパワーで供給可能な電力の上限が 60W である Thunderbolt 3 ケーブルであれば、電力を供給する側、電力を供給される側どちらも上限が 60W より大きくても、最大 60W になります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2017/07/13 更新