Thunderbolt 3ケーブルなら転送速度40Gbpsに対応しているのか

長さが 0.5m を超えるなら、アクティブの Thunderbolt 3 ケーブルが必要

Thunderbolt 3 は、データ転送速度が 20Gbps から 40Gbps へ向上しました。

データ転送速度 40Gbps でデータを転送するなら、Thunderbolt 3 ケーブルが必要となります。

Thunderbolt 3 ケーブルには様々な製品がありますが、全ての製品がデータ転送速度 40Gbps に対応しているわけではありません。

Thunderbolt 3 ケーブルにはパッシブとアクティブがあり、パッシブの Thunderbolt 3 ケーブルは長さが 0.5m 以下は 40Gbps 対応、0.5m より長いと 20Gbps 対応です。

アクティブの Thunderbolt 3 は、長さに関係なく 40Gbps 対応です。

そのため、長さが 0.5m を超える Thunderbolt 3 ケーブルを使うなら、アクティブの Thunderbolt 3 ケーブルを使う必要があります。

パッシブ ・最大データ転送速度 40Gbps(0.5m以下)
・最大データ転送速度 20Gbps(0.5mより長い)
アクティブ ・最大データ転送速度 40Gbps

上記のパッシブとアクティブの違いが、今後当てはまらなくなる可能性がありますので、Thunderbolt 3 ケーブルを選ぶならパッシブかアクティブかだけでなく、対応しているデータ転送速度も確認しておく方が良いです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2017/07/13 更新