ブートセクタ感染型ウイルスは他のウイルスとは何が違うのか

ブートセクタに感染するウイルス

ブートセクタ感染型ウイルスとは、名前のとおりブートセクタに感染するウイルスです。

ブートセクタとは、OS 等を起動するためのプログラムが保存されている部分のことです。

ブートセクタは、ストレージや、フロッピーディスク、光ディスクメディア、USB メモリー等にあります。

ブートセクタ感染型ウイルスは、ブートセクタに存在するため、早い段階で活動を始めます。

例えば、OS を起動させるためのプログラムが保存されているブートセクタがあり、そのブートセクタがブートセクタ感染型ウイルスに感染していると、OS 起動直後に活動を始めます。

ブートセクタ感染型ウイルスも、感染を広げ増殖していくというウイルスの特徴を持っており、接続されている他のストレージ等のブートセクタへ感染し増えていきます。

ブートセクタ感染型ウイルスは、セキュリティソフトウェアによる隔離や削除ができず、ブートセクタの修復作業が必要になる場合があります。

ブートセクタ感染型ウイルスによっては、ブートセクタの修復作業を行うと、データが失われる等、事態が悪化することがあります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 」を実施中です。モバイルノートパソコンもSSD搭載で10万円位内で買えます。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「バレンタインセール」を実施中です。人気のDell Gなどプレミアムノートが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「スプリングセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(2月28日迄)


2017/05/19 更新