ウイルスとマクロウイルスの違い

マクロウイルスとはマクロを利用するウイルス

マイクロソフト社のワードやエクセル等には、複数の操作をまとめて登録し、後で登録した操作内容を自動的に実行できる機能があり、このような機能をマクロと呼びます。

マクロウイルスは、このマクロを利用して悪質な処理を行うウイルスです。つまり、マクロウイルスは、ウイルスの一種です。

ウイルスは、プログラムを実行できる実行ファイルに感染するものでしたが、マクロウイルスの登場によりウイルスはデータファイルにも感染できることになりました。

マクロウイルスが登場する前は、ウイルスはデータファイルには感染しないので、データファイルを開く際はウイルスに感染している可能性を考慮しなくても問題ありませんでしたが、マクロウイルスの登場によりデータファイルに対してもウイルス感染の警戒が必要となりました。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「ビッグサマーセール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大50,000円OFFです。
(8月4日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「今こそ買い替えのチャンス」を実施中です。今なら今週のおすすめ製品、最新の高性能パソコンがクーポンで最大20%OFFです。
(セール実施中)
パソコン工房
BTOパソコン、PCパーツ、周辺機器等を安く販売するパソコン工房では、「大ボーナスセール」を実施中です。BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器、ソフトウェアをセール価格でご提供中です。
(8月17日迄)


2019/03/20 更新