Mini USB、Micro USBの端子形状Type-Aが見られなくなった理由

USB の Type-A と Type-B

USB の端子形状には、Type-A と Type-B があります。

Type-A はパソコン等のホスト側となる機器に使われる端子形状であり、Type-B は周辺機器等のクライアント側となる機器に使われる端子形状です。

USB の端子形状に Type-C が追加されましたが、今後さらに新しい端子形状が追加されるかもしれません。(2017年7月1日時点)

ちなみに、Type-C はホスト側とクライアント側で使われる端子形状であり、ホストとクライアント両者で同じ端子形状が使われることになります。

Mini USB の Type-A と Type-B、Micro USB の Type-A と Type-B

USB を小型化した Mini USB、Mini USB の改良版と言える Micro USB にも、端子形状に Type-A と Type-B があります。Mini USB と Micro USB には、Type-C はありません。

Mini USB の Type-A と Type-B は、それぞれ Mini-A、Mini-B、Micro USB の Type-A と Type-B は、それぞれ Micro-A、Micro-B と呼ばれることが多いです。

Mini-AB と Micro-AB

Mini USB や Micro USB は、端子サイズの小ささが重要になってくるタブレット PC やスマートフォン等に採用され始めましたが、タブレット PC やスマートフォン等はパソコンに接続してデバイス側の機器になる使い方だけでなく、タブレット PC やスマートフォン等に周辺機器を接続してホスト側の機器になる使い方にも対応できるようにしないと、ユーザーの不満につながります。

タブレット PC やスマートフォン等に、Mini-A と Mini-B、または Micro-A と Micro-B 両者を搭載する方法がありますが、端子の数を増やすのが難しいタブレット PC やスマートフォン等にとっては簡単ではありません。

そこで、Type-A と Type-B 両者を兼用する Mini-AB や Micro-AB が登場しました。

タブレット PC やスマートフォン等に Mini-AB か Micro-AB が1つあれば、ホストにもデバイスにもなれる使い方に対応できます。

Mini-B または Micro-B のみでホストとデバイス両者対応へ

Mini-AB や Micro-AB が普及しても、USB ケーブル等には Mini-A や Micro-A が残りますので、Mini-A や Micro-A が見られなくなることはありません。

しかし、Mini-AB や Micro-AB は普及せず、ハードウェアではなくソフトウェアにより、Mini-A や Micro-A がなくても Mini-B や Micro-B があれば、ホストにもデバイスにもなれる使い方に対応できるようになりました。

その結果、タブレット PC やスマートフォン等には、Mini-B や Micro-B が普及し、Mini-AB や Micro-AB が普及しなかったので、Mini-A や Micro-A は見られなくなりました。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2017/07/23 更新