USB3.1 なら最大100Wまで電力を供給できるのか

USB Power Delivery 対応が必要

USB 端子が USB Power Delivery と呼ばれる規格に対応していると、最大100Wまで電力を供給できます。(2016年11月1日時点)最大100Wまでというのは、あくまで規格上であり、ハードウェアによっては100Wを下回ります。

この USB Power Delivery は、USB 給電に関する規格であり、USB3.1 等の USB 規格とは異なるものです。USB 給電に関する規格は、他にもあります。

そのため、USB 端子が USB3.1 であっても、USB Power Delivery に対応していなければ、最大100Wまで電力を供給できません。

USB 端子が USB3.1 であり、USB Power Delivery 等の USB 給電に関する規格に対応していない場合は、最大4.5Wまで電力を供給できます。(2016年11月1日時点)最大4.5Wまでというのは、あくまで規格上であり、ハードウェアによっては4.5Wを下回ります。

USB Power Delivery 供給可能な最大電力
非対応 4.5W(※)
対応 100W
(※)USB3.1 標準の給電

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2016/11/09 更新