AMD FX のモデル・ナンバーの見方

AMD FX のモデル・ナンバー

AMD FX は、Phenom II の後継にあたる CPU です。

AMD FX のモデル・ナンバーは、「FX」+「4桁の数字」+「サフィックス」で表されます。

AMD FX 4000 シリーズ、AMD FX 6000 シリーズ、AMD FX 8000 シリーズまでは、「4桁の数字」の上1桁目はコア数に一致してましたが、AMD FX 9000 シリーズは上1桁目が9ですが8コアであり、必ずしも上1桁目がコア数には一致しません。

また、ノートパソコン向けプロセッサーの AMD FX-7000 シリーズは、上1桁目が7ですが4コアです。

上2桁目からの3桁の数字は、大きいほど性能が高い事を表します。

シリーズをまたいで性能を比較する場合、基本的に「4桁の数字」の上1桁目の数字が大きい方が性能が高いです。

各シリーズの上2桁目からの3桁の数字が大きい CPU は動作周波数が高く、各シリーズの上2桁目からの3桁の数字が小さい CPU は動作周波数が低いため、比較対象によっては「4桁の数字」の上1桁目の数字が小さい CPU の方が性能が高くなる場合があります。ただし、処理内容によります。

例えば、AMD FX 4350 と AMD FX 6100 の性能を比較する場合、AMD FX 4350 の主な仕様はコア数4、動作周波数 4.2GHz(TC 時 4.3GHz)であり、AMD FX 6100 の主な仕様はコア数6、動作周波数 3.3GHz(TC 時 3.9GHz)のため、シングルスレッド処理では動作周波数が高い AMD FX 4350 の方が性能が高く、マルチスレッド処理ではコア数が大きい AMD FX 6100 の方が性能が高いです。

ただし、どんなマルチスレッド処理でも AMD FX 6100 の方が性能が高いとは限りません。AMD FX 4350 と AMD FX 6100 ではクロック周波数に結構差があるため、動作周波数の高さが大きく効いてくるマルチスレッド処理では AMD FX 4350 の方が性能が高い場合があります。

「サフィックス」は、製品の特徴を表します。標準的な製品とは異なる特徴を持つ製品に付けられ、以下のようなサフィックスがあります。
P
ノートパソコン向けプロセッサーの中で TDP が高い(35W)ノートパソコン向けプロセッサー。(AMD FX-7000 シリーズに付く。)
以下は、モデル・ナンバー一覧です。
  • FX 9590
  • FX 9370
  • FX 8350
  • FX 8320
  • FX 8300
  • FX 8170
  • FX 8150
  • FX 8140
  • FX 8120
  • FX 8100
  • FX 6350
  • FX 6300
  • FX 6200
  • FX 6130
  • FX 6120
  • FX 6100
  • FX 4350
  • FX 4320
  • FX 4300
  • FX 4170
  • FX 4150
  • FX 4130
  • FX 4120
  • FX 4100
  • FX 7600P
  • FX 7500

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「オータムセール」を実施中です。新発売の2-in-1ノートブックなど高性能PCが最大17%オフクーポンでお得です。
(10月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「おかげさまで26周年 ドスパラ周年祭」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月28日迄)


2014/07/02 更新