Andorid で USB 接続タイプの周辺機器を使用できる条件

USB On-The-Go に対応している必要がある

Andorid 搭載タブレットやスマートフォンに USB 端子があれば、USB 接続に対応しているキーボードやマウス等の周辺機器を接続できます。しかし、周辺機器を接続できても使用できるとは限りません。

USB 接続では、周辺機器は制御される側であり、周辺機器の接続相手の機器が制御する側となりますが、制御される側をデバイス、制御する側をホストと呼びます。

周辺機器はデバイスであり、周辺機器はホストと USB 接続すれば使用できますが、Andorid 搭載タブレットやスマートフォンの中には、デバイスにしかなれないモデルがあります。このようなモデルと周辺機器を USB 接続しても、デバイス同士を USB 接続する事になり、周辺機器を使用できません。

USB On-The-Go(USB OTG)と呼ばれる機能に対応しているモデルなら、モデルはデバイスだけでなくホストにもなれますので、周辺機器と USB 接続して使用できます。

モデルが USB On-The-Go に対応しているかどうかは、モデルの仕様を確認すれば分かります。OS である Andorid は、バージョンが Android 2.3.4 以上、または Android 3.1 以上から、USB On-The-Go に対応するようになりましたが、モデルが USB On-The-Go に対応するためには、OS の Andorid だけでなく、ハードウェアも USB On-The-Go に対応するよう作られている必要があります。

そのため、モデルに搭載されている Andorid のバージョンが Android 2.3.4 以上、または Android 3.1 以上なら、USB On-The-Go に対応しているとは限りませんが、USB On-The-Go は需要がある機能なので対応している可能性が高いです。

ドライバが入っている必要がある

正確には、モデルが USB On-The-Go に対応していれば、周辺機器を使用できるとは限りません。モデルに周辺機器用のドライバが入っている必要があります。例えば、キーボードを USB 接続して使用したい場合、モデルにキーボード用のドライバが入っていないと、キーボードを使えません。

キーボードは多くのユーザーが使用する周辺機器なので、USB On-The-Go 対応モデルなら、キーボード用のドライバが入っている可能性が高いですが、入っているドライバはモデルによって異なります。

Windows 搭載パソコンでは、ユーザーが後から配布されているドライバをインストールできますが、Andorid 搭載タブレットやスマートフォンでは基本的に後からドライバをインストールできません。(2013年1月1日時点)

将来、Windows 搭載パソコンのようにユーザーがドライバを自由にインストールできるようになるかもしれませんが、今のところドライバがなくて周辺機器を使えなければ、使用は諦める必要があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。在庫一掃のためすぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「クリスマスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月25日迄)


2016/04/06 更新