USB バスパワー不足時の対処方法

USB からの電力供給が不足すると、正常に動作しない

周辺機器に対し USB ポートから電力供給する事を、バスパワーと呼びます。周辺機器に対し電源コンセントから電力供給する事を、セルフパワーと呼びます。

パソコン等にある USB ポートの最大供給電力の大きさは、全て同じではありません。そのため、特に消費電力が大きいバスパワーで動作する周辺機器は、USB からの電力供給が不足し、正常に動作しない場合があります。

そのようになってしまった場合、以下の対処方法があります。

対処方法一覧

他の USB 接続機器を外す

複数の USB ポートを単位として、最大供給電力が決まっている場合、他の USB 接続機器が消費する電力の分、供給可能な電力が低下します。

もし複数の USB ポートがあり、複数の USB 接続機器を使用しているなら、他の USB 接続機器を外してみると良いです。

別の USB ポートへ接続する

各 USB ポートの最大供給電力が異なっている場合、接続した USB ポートの最大供給電力が低い可能性があります。

もし複数の USB ポートがあるなら、別の USB ポートへ接続してみると良いです。

ダブル USB ケーブルを使用する

ダブル USB ケーブル(Y字 USB ケーブル)を使用すれば、2つの USB ポートと接続し、2つの USB ポートから電力を供給できます。1つの USB ポートの最大供給電力が同じなら、最大供給電力は2倍になります。

もし複数の USB ポートがあるなら、ダブル USB ケーブルを使用してみると良いです。

セルフパワーの USB ハブを使用する

電源コンセントからの電力供給で動作するセルフパワーの USB ハブなら、基本的に USB ポートの最大供給電力は高いです。

もし電源コンセントがある環境で使用できるなら、セルフパワーの USB ハブを使用してみると良いです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2015/12/17 更新