国内メーカー製パソコンの価格には、ブランド価値が含まれているのか

ブランド価値は、あらゆる商品にある

主要な国内メーカー製パソコンと、海外メーカー製パソコンやパソコンショップで販売されているショップブランドを比べてみると、国内メーカー製パソコンの価格にブランド価値が含まれていると感じないでしょうか。

ここで言うパソコンのブランド価値とは、パソコンの基本性能など、パソコンにとって無くてはならないものの価値を除いた価値の事です。

ブランド価値は、パソコンだけでなく、服や食べ物などでも見られますが、私たち消費者は、結構ブランド価値を受け入れて、常日頃購入していると思います。

例えば、有名な国内メーカー製品というブランドが付いた家電製品を、他のメーカー製品(海外メーカー製品やプライベートブランド家電など)よりも価格が高くても買う方は、国内メーカー製というブランド価値を受け入れて、本来の価値であるはずの機能や性能をあまり考慮せずに選んでいると言えるかもしれません。

もちろん、国内メーカー製の家電製品は、高く販売されていても海外でも人気があるように、機能や性能、品質、信頼性や安全性の高さ、アフターサービスなどの評価が高いので、ブランド価値に見合った付加価値が含まれていると思いますが、同等な家電製品が、もっと安い価格で買える現状を考えると、国内メーカー製というブランド価値が多少は含まれていると言えるでしょう。

パソコンのブランド価値は、人それぞれ

ブランド価値が製品の価格に含まれているという話は、パソコンにも当てはまると考えられます。例えば、国内を代表するパソコンメーカーの NEC、ソニー、富士通などと、有名な海外パソコンメーカーのデルやヒューレッド・パッカードなどを比べると、後者で製造された海外メーカー製のパソコンの方が、かなり安く買えます。

もちろん、これはパソコンに備わっている機能や性能の高さを同等として比較した場合の話です。完全に同じ機能と性能を持つモデル同士を比較するのは難しいですが、大体同じモデルを比較してみると、国内メーカー製パソコンの価格の方が高いと感じるはずです。よって、パソコンを買うとしたら海外メーカー製パソコンを選ぶ方が経済的と言えます。

しかし、少なくとも日本国内では、国内メーカー製パソコンの方が売れています。この理由は、やはりブランド価値にあるのではないでしょうか。例えば、パソコンを初めて買う方や、国内メーカー製パソコンしか使った事がない方に聞くと、海外メーカー製パソコンは安いけど、品質など大丈夫なのかという意見が、結構出ると思います。また、とりあえず国内メーカー製パソコンを買っておけば安心という意見もよく出てくると思います。特に海外メーカー製パソコンと詳細に比較せずに国内メーカー製パソコンを選ぶ方は、国内メーカー製というブランド価値を受け入れて購入していると言えると思います。

では、実際両者のパソコンを比べると、パソコンに備わっている機能や性能の高さが同じでも、品質などに違いが出てくるのでしょうか。

私個人的な意見ですが、まず安いからと言って、海外メーカー製パソコンの方が故障しやすいとは思いません。統計的に有意とはなりませんが、様々なメーカーのパソコンを10台使ってきましたが、有名な国内メーカー製パソコンでも、短期間で故障したケースもありましたし、安い海外メーカー製パソコンでも、国内メーカー製パソコンと同様に、普通に何年も正常に使えています。

ただし、PCケースや、スイッチ一つ一つなど、細部までの作りこみは、国内メーカー製パソコンの方が優れているなと感じます。また、デザインにも力を入れていると感じますし、付属のマニュアルも充実していると思います。

アフターサービスの方ですが、この点も国内メーカーの方が優れているかもしれません。私は、特にパソコンメーカーのアフターサービスを利用した事が無いので実態はわかりませんが、2008年版パソコン満足度ランキングや、ウェブサイトに見られるアフターサービスに関連した情報を見ると、国内メーカー製パソコンの方が優れている可能性が高いです。

以上を踏まえると、国内メーカー製パソコンには、ブランド価値だけではなく、価格が高い分に見合った付加価値が含まれていると思います。しかし、パソコンにとって不可欠な機能や性能に対して価値を認める方にとっては、この付加価値はブランド価値のようなものかもしれません。つまり、国内メーカー製パソコンにブランド価値がどの程度含まれているかの判断は、人それぞれ違うと言えると思います。

自分にとって合理的な方を選ぶのが重要

とにかくパソコンは動けば(使えれば)良いという方は、パソコンは、安い海外メーカー製パソコンなどを選ぶ方が経済的です。同等な機能と性能を持つ国内メーカー製パソコンを選んだ場合に支払うブランド価値が無くなったとでも考えて、さらにハイスペックなパソコンを買う費用にしてしまえば、購入後に得られる価値(高性能化によって得られる快適な動作環境など)がさらに増えるでしょう。

国内メーカー製パソコンは、たいてい価格が高いものですが、それはブランド価値だけでなく、細部までの作りこみや、信頼や安心を、付加価値として支払うと思えば、十分選ぶ価値はあります。特にパソコン初心者は、マニュアルやサポート体制までしっかりしている国内メーカーを選ぶ方が無難でしょう。

それで、ある程度パソコンに慣れてきたら、安い海外メーカー製パソコンを選んでみるのがおすすめです。人によっては後悔するかもしれませんが、この価格でこれだけの機能と性能が得られるという満足感が得られるはずです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「スポーツの秋セール!」を実施中です。最大20%オフクーポンでお得です。
(10月15日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「オータムセール 第2弾」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月18日迄)


2013/11/14 更新