Linux はパソコン初心者でも使いこなせるのか

Linux の使い方は難しいのか

パソコンのOSは、Microsoft 社の Windows と、Apple 社の Mac OS が有名です。これらの OS よりは知名度や普及度で劣りますが、Linux という OS も有名です。

Linux は、無料で使えるという大きな特徴を持っています。よって、Linux を選べば、パソコンへかける予算を減らせます。しかし、Linux は、使い方が難しい事に注意が必要です。

昔と比べれば随分と Linux は使いやすくなりました。パソコン初心者でも Linux のインストールは簡単に行えると思います。しかし、Linux は、Windows や Mac OS と比べると、まだまだ使い方が難しいものです。

ただし、しっかりと勉強すれば、十分使いこなす事は可能です。本屋やインターネットには、Linux 関連の情報が豊富にありますので、わからなくなっても、たいていのトラブルは自分で解決する事が可能です。

なので、Linux が広く普及してもおかしくはありませんが、そのような気配は見られません。一時期 Linux 搭載パソコンが各メーカーで販売され始め、Linux が普及するかと思われましたが、今となってはそれほど普及しておらず、Linux 搭載パソコンの販売をやめてしまったところもあります。

Linux が普及しない理由

なぜ Linux は普及しないのか。その理由は、Linux に対応した周辺機器やソフトが少ない事が考えられます。Linux でも Windows や Mac 対応の周辺機器やソフトも使える場合もありますが、それを実現するためにやや苦労する場合が多いです。

そもそも Linux は、Windows や Mac OS と比べ、どちらか一方を選択するものではないと思います。どういう事かと言いますと、Linux と Windows (Mac OS)は、それぞれ良いところが異なっていて、使用目的に応じて使い分けるのが良いという事です。

つまり、両者でできる事に共通点は多いのですが、どちらかで行った方が便利で効率的であるという事です。今のところ私はそう思っており、Linux 、Windows (Mac OS)の両方用意し、使用目的に応じて使い分けています。

Linux を使えると将来役立つ可能性あり

結論としては、パソコン初心者は、まずは Windows か Mac OS から使い始めるのが無難と言えます。これらのOSの使い方に慣れたら、Linux も使用する事をおすすめします。大学の理系に進むと、たいてい Linux を使う事になると思います。企業に就職したときも、技術系であれば、Linux を使う機会が多いでしょう。よって、Linux に慣れておくと将来役に立つ可能性があります。また、Linux を使う以上、ある程度パソコンに関して詳しくならざるを得ませんので、IT社会がますます広がる中、いつかその知識が役立つかもしれません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。在庫一掃のためすぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「クリスマスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月25日迄)


2013/11/14 更新