MacはWindowsに比べ高いのか

Mac とは、WIndows とは

Mac (マック)とは、Macintosh (マッキントッシュ)の略であり、Apple (アップル)社が製造するパソコンの事を指します。一方 Windows とは、Microsoft (マイクロソフト)社のOSを指します。よって、単に Mac と書かれていれば、それはパソコンを意味し、単に Windows と書かれていれば、OS を意味している事が多いのですが、文脈によっては、Mac が OS を意味し、または Windows がパソコンを意味する場合もあります。

Mac が OS を意味する場合は、Mac に搭載される OS の Mac OS (現行の新しい OS は、Mac OS X と呼ばれる事が多い)の事を指します。OS である Windows とは、操作の仕方などが異なりますが、できる事はほぼ一緒です。ただし、Mac か Windows のどちらかでしか使えないインターネットサービスや、ソフトが存在するため、人によっては両者を使い分ける必要が出てきます。

Windows がパソコンを意味する場合は、OS である Windows を搭載するパソコンの事を指します。Mac と違い、Windows 搭載パソコンを製造するパソコンメーカーは多数存在します。また、Windows 搭載パソコンが圧倒的なシェアを占めている事もあり、単にパソコンと言われたら、それは Windows 搭載パソコンの事を指す場合が多いです。

Mac は、Windows 搭載パソコンと比較できるか

いろいろ比較される Mac と Windows 搭載パソコン。パソコンを買うとき、両者を比較したことがある方も多いと思います。そこで、一つ気になる点は、両者をほぼ同じスペックで比較したとき、どちらが安いかです。恐らく多くの方が、ほぼ同じ機能と性能を持っているのであれば、安い方を選びたいと思うでしょう。Mac の製造メーカーは、Apple (アップル)のみなため、Mac だけで異なる製造メーカーの間で比較する事ができませんが、Mac は、OS 以外は、Windows パソコンと大体同じであると見なせるので、Windows 搭載パソコンの製造メーカーが販売するパソコンと比較する事ができます。しかし、Mac と Windows 搭載パソコンには、使えば使うほど、両者の違いに気づいてくるものであり、比較する事は難しいのも事実だと思います。よって、あくまで参考程度にとどめておくのが無難です。

Mac と Windows 搭載パソコンを比較してみると

実際に Mac と Windows 搭載パソコンを、各メーカー直販ショップや、ショップブランドを販売しているパソコンショップで比較してみると、Windows 搭載パソコンの方が安い印象を受けます。しかし、Windows 搭載パソコンの方が安いと印象を受けるのは、デルやヒューレッド・パッカードなどのスペックに対し価格が安いパソコンを販売している大手メーカーや、ツクモやドスパラ、フェイスなどのパソコンショップと比較した場合です。NECやソニー、富士通などの国内大手メーカーと比較した場合は、それほど Mac と Windows 搭載パソコンとの間に、価格に差を感じません。それどころか、国内大手メーカー製の Windows 搭載パソコンと比較すると、Mac の方が安いのではと思う場合もあります。

Mac には、スペックの割りに価格が安いモデルを販売するメーカーやパソコンショップがない

Mac には、Windows 搭載パソコンで見られるように、スペックの割りに価格が安いモデルを販売するメーカーや、パソコンショップが見られません。Windows 搭載パソコンでは、デルやヒューレッド・パッカードなどの海外大手メーカーや、ショップブランドを販売しているパソコンショップにて、スペックの割りに価格が安いモデルがよく見られますが、Mac にはそのようなモデルは無いと言って良いです。これは、Mac は、Apple 社でしか製造されていないからでしょう。もし、Mac も、Windows 搭載パソコンのように、様々なメーカーやパソコンショップで製造され販売されれば、スペックの割りに価格が安いモデルが登場するかもしれません。

Mac が高いと感じる原因の一つは、Mac の中にはスペックの割りに価格が安い(コストパフォーマンスが高い)モデルを販売するメーカーやパソコンショップがないからと言えそうなので、それなら、コストパフォーマンスが高いモデルを購入するには、はじめから Windows 搭載パソコンに的を絞れば良いかもしれませんが、その前に、コストパフォーマンスが高いモデルには、安い理由がある事を知る必要があります。

一般に、スペックの割りに価格が安いパソコンは、 プリインストールソフト数が少ない、マニュアル等の付属品や、筐体の質が劣る等の、安い理由を持っています。よって、私は、スペックの割りに価格が高いと見られる、国内大手メーカー製のパソコンには、価格に見合う価値があると思っています。

使わないと見えてこない価値がある

各パソコンメーカーの直販ショップなどで、スペックと価格を見て、Mac と Windows 搭載パソコンどちらが安いか、一応判断はできますが、実際に使わないと気づかない価値もあると思います。例えば、Mac に搭載される OS の Mac OS は、Windows とは操作の仕方や、見た目も異なっており、別物と見ても良いくらいです。仮に、ほぼ同じ機能を持ち、両者でできる内容に差は無くても、Mac OS の方が、使い心地がよく、作業能率があがるのであれば、Mac OS の方が高くても、選ぶ価値は十分にあるでしょう。

パソコンの筐体についても、使わないと見えてこない価値があると思います。私は、一般にスペックの割りに価格が高いパソコンは、各PCパーツが詰まった筐体(PCケース)にも、コストをかけていると思います。スペックの割りに価格が安いパソコンと比較すると、質感やデザイン性も違いますし、熱対策や振動対策がしっかり施されていると感じます。ノートパソコンでも、そのような傾向が見られ、スペックの割りに価格が高くても、軽さや薄さ、丈夫さ等で優れている部分があると感じます。また、標準で付属するバッテリーの容量にも差が見られます。

スペックの割りに価格が高いように見える Mac に、使わないと見えてこない価値があるかどうかは、人それぞれの価値観にもよるでしょうし、パソコンに求めるニーズの違いによっても、パソコンに対する評価が変わってきますので、Mac に使わないと見えてこない価値があるかどうか断言できませんが、少なくとも、Mac は高そうだからと判断して、一生使わないままでいるのは、勿体無い事だと思います。Mac を買っても、結局自分に合わなければ、無駄になってしまうかもしれませんが、その場合は比較する事により Windows 搭載パソコンの素晴らしさに改めて気づかされるかもしれませんし、いつか Mac でしかできない事に気づき、Mac が持つ素晴らしさに気づくかもしれません。

Mac と Widnows 搭載パソコン、初めてのパソコンにはどちらが適しているか

昔と比べたら、それほど差はなくなってきたと思いますが、インターネットサービスや、様々なソフトを使おうとすると、Windows 搭載パソコンのためにサービスがある、または作られていると感じる部分はあります。なので、初めてパソコンを購入する方は、Windows 搭載パソコンを選ぶのが無難なのかもしれません。ただし、Mac は、パソコン初心者にとって難しいのではないかと思われるかもしれませんが、私は Mac も Windows 搭載パソコンも、パソコン初心者にとって感じる難しさは、それほど差はないと思います。パソコン初心者向けの情報が書かれた書籍や、サイトは、まだまだ Windows 搭載パソコン向けに書かれたものが多いですが、Mac 向けに書かれたものも多く存在していますので、情報不足には困りません。ただ、Mac よりも Windows 搭載パソコンが圧倒的に普及しているので、学校や仕事で Windows 搭載パソコンを使う機会の方が多いでしょう。よって、それらに合わせて、1台目は Windows 搭載パソコンにしておくのも良い選択だと思います。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2013/11/14 更新