ユニバーサル Windows アプリと他アプリの違い

ユニバーサル Windows アプリは、パソコンでも Windows Phone でも使えるアプリケーション

ユニバーサル Windows アプリは、パソコンでも Windows Phone でも使えるアプリケーションです。Windows 8.1 から登場しました。(Windows 10 から、ユニバーサル Windows アプリは、パソコンと Windows Phone 以外にもゲーム機器の Xbox や組み込み機器でも使えるアプリケーションとなりました。ここでは、Windows 8.1 から登場した時点のユニバーサル Windows アプリについて記載します。)

パソコンで使えるアプリケーションには、デスクトップ上で動作するアプリケーションであるデスクトップアプリの他に、Windows ストアアプリと呼ばれるアプリケーションもあります。

Windows ストアアプリは、Windows 8 から登場したアプリケーションであり、Modern UI と呼ばれるユーザーインターフェース上で動作します。

Windows Phone のみで使えるアプリケーション(以降、Windows Phone アプリと記載する)も、Modern UI と呼ばれるユーザーインターフェース上で動作しますが、Windows Phone アプリはパソコンでは使えません。また、デスクトップアプリや Windows ストアアプリは、Windows Phone では使えません。

ユニバーサル Windows アプリなら、パソコンでも Windows Phone でも使えますので、パソコンと Windows Phone どちらで使えるのか気にする必要はありません。

厳密には、ユニバーサル Windows アプリは1つのアプリケーションではなく、内部に Windows ストアアプリと Windows Phone アプリ別々のアプリケーションを持っているというイメージに近いです。

そのため、アプリケーションの開発者は、ユニバーサル Windows アプリを開発する場合、開発者の視点では Windows ストアアプリと Windows Phone アプリ別々のアプリケーションを開発する事になります。それぞれ独立して開発するわけではなく、ユニバーサル Windows アプリでは、Windows ストアアプリと Windows Phone アプリ両者を共に開発しやすい開発環境が用意されています。

ユニバーサル Windows アプリは、Windows ストア、または Windows Phone ストアから入手しますが、ユーザーからは1つのアプリケーションに見えるようになっており、内部に Windows ストアアプリと Windows Phone アプリ別々のアプリケーションが存在するようには見えません。

  使えるアプリケーション
パソコン ・デスクトップアプリ
・Windows ストアアプリ
・ユニバーサル Windows アプリ
Windows Phone ・Windows Phone アプリ
・ユニバーサル Windows アプリ

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 」を実施中です。モバイルノートパソコンもSSD搭載で10万円位内で買えます。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「バレンタインセール」を実施中です。人気のDell Gなどプレミアムノートが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「スプリングセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(2月28日迄)


2015/12/14 更新