なぜ動画ファイルのエンコードが必要になるのか

様々な種類が存在する動画ファイル形式

動画ファイルは、パソコンに限らず、タブレット端末やスマートフォン等、様々な機器で扱われていますが、動画ファイルの形式には数多くの種類が存在します。

動画ファイルの形式が1種類だけ使われるようなら、動画ファイル形式について意識する必要性は低くなりますが、動画ファイルの利用目的や再生機器等によって適した動画ファイルの形式が異なってきます。

例えば、スマートフォンはパソコンと比べると処理能力が低く、ストレージ容量が小さくてディスプレイサイズも小さいため、画質を低く抑え動画ファイルの容量が小さい動画ファイル形式が適しています。

他の例として、ウェブサイトでの配信に使う動画ファイルは、画質の高さも重要ですが、インターネット回線への負荷を低くする事も重要ですので、なるべく画質の高さを維持し容量が小さい動画ファイル形式が適しています。

このように動画ファイルの利用目的や再生機器等によって適した動画ファイル形式は千差万別ですので、今後も複数の動画ファイル形式が存在し続けます。

動画ファイルの形式を変換するためにエンコードが必要

パソコンやタブレット端末、スマートフォン、ゲーム機等の機器やインターネット回線の発達により、あちこちに動画ファイルが存在し、動画ファイルを別の機器へ移行を行う機会が増えてきています。

動画ファイルの形式を変えなくても、移行先の機器で再生できる場合もありますが、別の機器に適した動画ファイルの形式への変換が必要な場合、エンコードを行う必要があります。

つまり、動画ファイルを再生する機器によって適した動画ファイル形式があるため、動画ファイルのエンコードが必要になってきます。

また、別の機器へ動画ファイルを移動させなくてもエンコードが必要になる場合があります。例えば、動画編集ソフトウェアで作成した動画を、動作再生専用ソフトウェアで再生させたい場合です。

動画編集ソフトウェアでは、様々な動画ファイルを新規作成、または加工して独自の動画ファイル形式が作られており、その動画編集ソフトウェアでは再生できますが、別の動画再生専用ソフトウェアで再生するためには、そのソフトウェアが対応している動画ファイル形式へエンコードする必要があります。

ちなみに、エンコードができるハードウェアやソフトウェアをエンコーダーと呼び、パソコンではエンコードをソフトウェアで行う事が多いため、一般的にエンコーダーはエンコードを行えるソフトウェアの事を指します。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「オータムセール」を実施中です。新発売の2-in-1ノートブックなど高性能PCが最大17%オフクーポンでお得です。
(10月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「おかげさまで26周年 ドスパラ周年祭」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月28日迄)


2014/01/29 更新