GPUによるハードウェアエンコードだと画質が低下する理由

画質の良し悪しに関わってくる処理が省かれる

動画データをエンコードする際に、GPUを使ってハードウェアエンコードすると、エンコードにかかる時間が短くなりますが、画質が低下します。

エンコードの処理には、CPU よりも GPU が行う方が速い処理がありますが、あらゆる処理が GPU の方が速いわけではありません。

画質の良し悪しに関わってくる処理には、CPU の方が速い処理が多く、GPUを使ってハードウェアエンコードする場合は、このような処理が省かれます。

つまり、GPU を使ってハードウェアエンコードするなら、エンコードの処理内容が GPU に合わせたものとなりますが、画質を高めるために必要かつ CPU が得意な処理の多くが行われなくなるため、画質が低下します。

GPU でも、画質の良し悪しに関わってくる処理を行えますが、CPU よりも遅いので、エンコードにかかる時間が長くなってしまいます。

GPU の方がエンコードにかかる時間が長くなってしまえば、GPU を使うメリットがなくなるどころかデメリットとなります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大65,000円OFFです。
(12月14日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クーポンで人気のパソコンがお買い得」を実施中です。最新パソコンがクーポンで最大38%OFFです。
(実施中)
パソコン工房
BTOパソコン、PCパーツ、周辺機器等を安く販売するパソコン工房では、「ボーナスセール第2弾」を実施中です。ゲーム・クリエイト用途をはじめ、オンライン授業やテレワークに最適なパソコン・周辺機器ラインナップをご用意です。
(12月13日迄)


2019/03/20 更新