直販パソコンの特徴

直販パソコンとは

メーカーから直接販売されているパソコン

直販パソコンとは、パソコンを製造するメーカーに直接注文して購入できるパソコンのことです。言い換えれば、メーカーが消費者に対して直接販売を行っているパソコンとも言えます。全てのパソコンメーカーが直販を行っているとは限りませんが、今ではどのメーカーも直販に力を入れています。そのため、メーカーでは直販パソコンに様々な付加価値をつけて販売する事が多く、今では直販パソコンの人気は不動のものとなっています。

家電量販店等で販売されているパソコンと一緒

メーカーが直接消費者に販売しているパソコンの事を直販パソコンと呼びますが、直販されているパソコンは家電量販店やパソコンショップにあるパソコンと特に変わりはありません。直販でしか変えない限定モデルとなるパソコンもありますが、基本的にどちらで買っても中身は一緒です。

オンラインショップだから直販とは限らない

インターネットを利用したショッピングが普及し、多くのパソコンメーカーがオンラインショップを開設し、インターネットを利用したパソコンの直販販売を行っています。また、 メーカーではない所がパソコンを販売しているオンラインショップもあります。これらのオンラインショップでは、メーカーからパソコンを仕入れ、消費者に販売しています。そのため、販売されているパソコンは、直販パソコンではありません。

直販パソコンの付加価値

直販パソコンを販売するメーカーでは、いろいろ工夫し、直販パソコンならではの付加価値をつけて販売しています。そうでないと、直販パソコンを買う意義があまり無いものとなってしまうでしょう。

メーカーが直販パソコンに付ける価値には、以下のようなものがあります。全てのメーカーの直販パソコンに当てはまるとは限りませんが、たいていの直販パソコンに当てはまります。
製品に関する情報が豊富に用意されている
直販ショップの主な販売スタイルはインターネット経由による販売です。各メーカーは、直販パソコン専用のウェブサイトを用意しており、そこでは製品に関する情報が豊富に用意されています。テキスト形式の情報だけでなく、画像や動画を利用してわかりやすく説明を行っているメーカーもあり、これはウェブサイトだからこそできる業です。
パソコンに搭載される PC パーツを選べる
直販パソコンは、通常消費者からの注文を受けて製造を開始しますので、パソコンに搭載される PC パーツの変更や追加注文が可能です。これを上手く利用すれば、自分にとって必要な機能性能を持つパソコンを購入でき、不必要な物にお金を払う事が無くなります。
直販でしか買えないモデルが買える
メーカーによっては、直販でしか買えない特別なモデルを販売しています。例えば、外観のデザインに凝ったモデルや、高級な PC パーツを使った高性能モデルなどです。また、パソコンメーカーと、他のメーカーなど(車の製造メーカーや、映画、アニメなど。)がコラボして作られたモデルを販売しているところもあります。このような特別モデルは、たいてい期間限定で販売されますので、いつでも買えるわけではありません。
価格が安い
直販ショップでは、人件費や流通費などが抑えられるため、その分パソコンの価格が安くなっています。特に直販に力を入れてきたメーカーは価格に強いです。例えば、パソコンメーカーの Dell (デル)は、安価な直販パソコンブームの火付け役とも言われており、今でも Dell が販売する直販パソコンの安さは健在です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン」を実施中です。まだまだHDDより価格が高いSSDですが、SSDの容量や速度アップグレードの価格を値下げ中です。
(台数限定なくなり次第終了)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「春の在庫一掃セール」を実施中です。今なら週末(金〜月)限定で、お買い得パソコンがクーポンでさらに15,000円オフです。学割クーポンも実施中です。
(4月27日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール第2弾」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツもさらに値下げして特価販売しています。
(4月27日迄)


2013/09/17 更新