M.2 のサイズの違い

取り得るサイズは規格で決められている

M.2 は、マザーボードと拡張カードとの接続に使われる規格です。

M.2 カードには様々なサイズがありますが、取り得るサイズは規格で決められており、幅は 12, 16, 22, 30 mm、長さは 16, 26, 30, 38, 42, 60, 80, 110 mm の中から決まります。

12, 16, 22, 30 mm
長さ 16, 26, 30, 38, 42, 60, 80, 110 mm

M.2 カードは、「Type 幅 + 長さ」でサイズが表される場合があり、例えば Type 2260 であれば幅は 22mm、長さは 60mm です。

M.2 の接続端子は、挿し込んで固定できる M.2 カードのサイズは限られています。M.2 の接続端子の対応サイズも「Type 幅 + 長さ」で表される場合があります。

たいていの M.2 の接続端子は、複数のサイズに対応しており、例えば Type 2260/2280 であれば、幅は 22mm 長さは 60mm の M.2 カードと、幅は 22mm 長さは 80mm の M.2 カードを挿し込んで固定できます。

大は小を兼ねるから、M.2 の接続端子に対応サイズよりも小さいサイズの M.2 カードも挿し込んで固定できそうですが、それはできません。

M.2 の接続端子があるマザーボードには、M.2 カードを固定するために使われるネジ用の穴が空いており、M.2 の接続端子の対応サイズに合わせた位置に穴が空いているため、対応していないサイズの M.2 カードを挿し込んでネジで固定しようとしても、穴が無いため固定できません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2015/06/19 更新