Serial ATA と Serial ATA Express の違い

PCI Express のデータ転送技術を取り入れた Serial ATA

Serial ATA(SATA)は、マザーボードと内蔵ストレージとの接続に使用されるインターフェース規格です。Serial ATA Express(SATA Express)も同様に使われるインターフェース規格ですが、データ転送速度が大幅に向上しています。

(Serial ATA Express は、Serial ATA の一種とも言えますが、ここでは区別しています。)

Serial ATA は、さらに規格が分かれており、以下は規格名やデータ転送速度です。

ANSI 規格名 呼び方 テータ転送速度
Serial ATA 1.5 Gbps Serial ATA
S-ATA
Serial ATA 150
1.5 Gbps
Serial ATA 3.0 Gbps Serial ATA II
S-ATA2
Serial ATA 300
3.0 Gbps
Serial ATA 6.0 Gbps Serial ATA III
S-ATA3
Serial ATA 600
6.0 Gbps

Serial ATA 6.0 Gbps が登場した事で、かなりデータ転送速度は向上しましたが、ストレージ SSD の技術進歩は早く、SSD が持つデータ読み書き速度は大幅に向上し続け、Serial ATA 6.0 Gbps のデータ転送速度でも足りなくなってきました。

さらなるデータ転送速度の向上が望まれましたが、そこで登場したのが Serial ATA Express です。Serial ATA Express のコネクターは、Serial ATA と同じですが、拡張スロットで見られるインターフェース規格 PCI Express のデータ転送技術が使われています。

Serial ATA Express は、Serial ATA と互換性を保っているため、マザーボード側が Serial ATA Express、内蔵ストレージ側が Serial ATA でも接続して使用できます。ただし、この場合は Serial ATA のデータ転送技術を使用するため、データ転送速度は最大 6Gbps となります。

PCI Express も、さらに規格が分かれており、規格ごとにデータ転送速度が異なります。また、PCI Express は、データの通り道となるレーンの数でもデータ転送速度が異なってきます。レーン数が多いほど、データの通り道が増えるので、データ転送速度が速いです。

Serial ATA Express では、PCI Express の規格は PCI Express 3.0、使用可能なレーン数は1レーン、もしくは2レーンであり、以下は各レーンごとのデータ転送速度です。

規格 PCI Express
規格
レーン数 データ
転送速度
Serial ATA
Express
PCI Express
3.0
x1(1レーン) 10Gbps
x2(2レーン) 20Gbps

今後、PCI Express 4.0 等さらにデータ転送速度が速い規格を採用したり、使用可能なレーン数が増えれば、Serial ATA Express のデータ転送速度は、さらに向上すると思われます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2015/02/07 更新