Mini Serial ATA と Mini PCI Express の違い

内部でのデータ転送で使われる規格が異なる

Mini Serial ATA と Mini PCI Express は、どちらもマザーボードと拡張カードとの接続に使われる規格です。

両者の接続端子は同じであり、Mini Serial ATA の接続端子に Mini Serial ATA カード、または Mini PCI Express カードを接続できます。

また、Mini PCI Express の接続端子に Mini PCI Express カード、または Mini Serial ATA カードを接続できます。

しかし、両者の接続端子は同じでも、内部でのデータ転送で使われる規格は異なりますで、接続できても動作するとは限りません。

Mini Serial ATA では、内部でのデータ転送で使われる規格は Serial ATA です。Mini PCI Express では、内部でのデータ転送で使われる規格は PCI Express です。

そのため、Mini Serial ATA の接続端子に Mini PCI Express カードを接続はできますが、内部でのデータ転送で使われる規格が異なるため動作しません。

また、Mini PCI Express の接続端子に Mini Serial ATA カードを接続はできますが、内部でのデータ転送で使われる規格が異なるため動作しません。

  Mini Serial ATA
カード
Mini PCI Express
カード
Mini Serial ATA
接続端子
動作する 動作しない
Mini PCI Express
接続端子
動作しない 動作する

また、Mini Serial ATA と Mini PCI Express の両者に対応した接続端子もあります。こちらの接続端子では、Mini Serial ATA カードと Mini PCI Express カードどちらを接続しても動作します。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2015/02/19 更新