1000Base-T でも CAT6 の LAN ケーブル推奨の理由

1000Base-T 対応ネットワーク機器には、CAT5e(カテゴリー5e)の LAN ケーブルを使えば十分

通信速度 1Gbps を実現するイーサネット規格は、1000Base-T が普及しました。

1000Base-TX も通信速度 1Gbps を実現するイーサネット規格であり、1000Base-T よりもネットワーク機器の設計が簡易になるため、ネットワーク機器の製造コストを下げられるメリットがありましたが、既に普及していた CAT5e(カテゴリー5e)の LAN ケーブルではなく、CAT6(カテゴリー6)の LAN ケーブルが必要となったため、普及しませんでした。

1000Base-T では、既に普及していた CAT5e(カテゴリー5e)の LAN ケーブルを使えたため、どんどん普及し、普及した結果大量生産によるコスト低下で低価格化が進んだため、もう 1000Base-TX が普及する見込みはなくなりました。

1000Base-T 対応ネットワーク機器は、CAT5e(カテゴリー5e)の LAN ケーブルを使えば十分ですが、CAT6(カテゴリー6)の LAN ケーブルを使用するのがおすすめです。

以下では、この理由について記載しています。

CAT6(カテゴリー6)の LAN ケーブルなら、伝送帯域に余裕が出てくる

以下は、CAT5e(カテゴリー5e)と CAT6(カテゴリー6)の違いです。

カテゴリー 通信速度 伝送帯域
CAT5e(カテゴリー5e) 1Gbps 100MHz
CAT6(カテゴリー6) 1Gbps 250MHz

どちらも通信速度は同じですが、伝送帯域が異なります。伝送帯域は、水が流れるパイプの太さのようなものであり、伝送帯域が大きいほど伝送データ量が大きくなります。

CAT6(カテゴリー6)は、CAT5e(カテゴリー5e)よりも伝送帯域が大きいのに通信速度は同じです。その理由は、1000Base-T と 1000Base-TX の通信方式の違いにあります。

1000Base-T では、100MHz に近い伝送帯域で通信速度 1Gbps を実現しており、8本ある伝送路を2本1ペアの4ペアに分け、それぞれのペアにて双方向通信します。

1000Base-TX では、250MHz に近い伝送帯域で通信速度 1Gbps を実現しており、8本ある伝送路を2本1ペアの4ペアに分け、それぞれのペアにて片方向通信します。

1000Base-TX の方が伝送帯域が大きいため双方向通信じゃなくても片方向通信で通信速度 1Gbps を実現できており、片方向通信の方がネットワーク機器の設計をシンプルにできます。

しかし、上記に記載したとおり、1000Base-TX は普及しませんでした。そして、本来は 1000Base-TX 対応ネットワーク機器で使われるはずだった CAT6(カテゴリー6)は残りました。

1000Base-T にとって、CAT6(カテゴリー6)の伝送帯域は大きすぎますが、CAT5e(カテゴリー5e)の伝送帯域だと余裕がありません。伝送帯域に余裕がないとノイズの影響を受けやすくなり、通信速度の低下や通信が不安定になるリスクが高くなります。

そのため、1000Base-T 対応ネットワーク機器では、伝送帯域に余裕が出てくる CAT6(カテゴリー6)の LAN ケーブルを使用するのがおすすめです。

将来を見据えて選ぶ

1000Base-T 対応ネットワーク機器なら、絶対に CAT6(カテゴリー6)の LAN ケーブルを使用した方が良いとまでは言えません。一般的な家庭のネットワーク環境であれば、長くても使用する LAN ケーブルは20〜30mでしょうし、ノイズは少ないため、CAT5e(カテゴリー5e)と CAT6(カテゴリー6)の LAN ケーブルそれぞれ使用して比較しても、通信速度や通信の安定性に大差は出てこない可能性が非常に高いです。

しかし、ネットワーク環境は場所によって千差万別であり、CAT5e(カテゴリー5e)の LAN ケーブルで通信速度の低下や通信の不安定が発生したら、LAN ケーブルの買い替えと設置し直しが必要となり面倒です。

価格の差は小さいですので、CAT5e(カテゴリー5e)と CAT6(カテゴリー6)の LAN ケーブルどちらも選べるのであれば、CAT6(カテゴリー6)を選ぶと良いです。

また、LAN ケーブルのカテゴリーは、新しいほど通信速度や伝送帯域が向上しており、耐ノイズ性等の仕様も進化しています。CAT6(カテゴリー6)より新しいカテゴリーの LAN ケーブルが登場したら、1000Base-T よりも新しいイーサネット規格に対応した機器を使用する事も考慮し、CAT6(カテゴリー6)より新しいカテゴリーの LAN ケーブルを選ぶのがおすすめです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大20%オフクーポンで今ならお得です。
(8月13日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2015/11/17 更新