LAN ケーブルの規格 CAT6、CAT6A、CAT6e の違い

通信速度と伝送帯域、規格を策定したところに違いあり

LAN ケーブルの規格の中に、CAT6(カテゴリー6)、CAT6A(カテゴリー6A)、CAT6e(カテゴリー6e)があります。

CAT6 は、TIA(アメリカ通信工業会)と EIA(アメリカ電子工業会)が策定した規格です。通信速度は 1Gbps、伝送帯域は 250MHz です。

CAT6e は、LAN ケーブルのメーカー独自の規格です。CAT6e は、CAT6 よりも通信速度と伝送帯域が向上しており、それぞれ 10Gbps、500MHz です。

CAT6e 登場後、TIA と EIA は CAT6e と同じ通信速度と伝送帯域を持つ CAT6A を策定し、ANSI(米国国家規格協会)が CAT6A を承認しました。

仕様には通信速度と伝送帯域以外に細かな違いはありますが、CAT6e は LAN ケーブルメーカー独自の規格、CAT6A は TIA と EIA が策定し ANSI が承認した規格である点が、CAT6e と CAT6A の主な違いです。

CAT6e の LAN ケーブルと CAT6A の LAN ケーブルは、ほぼ同じですが、正式な規格 CAT6A が登場したため、CAT6e の LAN ケーブルは市場から消えていきました。

規格 通信速度 伝送帯域  
CAT6 1Gbps 250MHz TIA と EIA が策定した規格
CAT6A 10Gbps 500MHz TIA と EIA が策定した規格
ANSI が承認した規格
CAT6e 10Gbps 500MHz LAN ケーブルメーカーが独自に策定した規格

推奨ショップ
RSコンポーネンツ
電気部品、電子部品等、50万点以上の品揃えがある通販サイトです。ネットワークケーブルに限っても豊富な商品がそろっており、 即日出荷、翌日配送に対応していますので急ぎで入手したい時にも便利です。


2017/10/26 更新