クロスケーブルが必要となるケース

MDI 同士か MDI-X 同士を接続する場合にクロスケーブルが必要

LAN ケーブルは、LAN ポートに接続して使用しますが、LAN ケーブルにはストレートケーブルとクロスケーブルがあります。

LAN ポートの種類には、MDI(Medium Dependent Interface)と MDI-X(Medium Dependent Interface Crossover)の2種類があり、MDI と MDI-X を接続する場合はストレートケーブル、MDI 同士か MDI-X 同士を接続する場合はクロスケーブルを使用します。

LAN ポートの組み合わせ 使用ケーブル
MDI MDI-X ストレートケーブル
MDI MDI クロスケーブル
MDI-X MDI-X

AUTO MDI/MDI-X 対応 LAN ポートなら、ストレートケーブルとクロスケーブルどちらでも使える

LAN ポートが、AUTO MDI/MDI-X と呼ばれる機能に対応している場合は、ストレートケーブルとクロスケーブルどちらでも使えます。両方だけでなく片方の LAN ポートだけが AUTO MDI/MDI-X に対応している場合でも、ストレートケーブルとクロスケーブルどちらでも使えます。

LAN ポートの組み合わせ 使用ケーブル
MDI AUTO MDI/MDI-X 対応 ストレートケーブル
クロスケーブル
どちらでもOK
MDI-X AUTO MDI/MDI-X 対応
AUTO MDI/MDI-X 対応 AUTO MDI/MDI-X 対応

AUTO MDI/MDI-X 非対応のパソコンとハブを組み合わせて接続する場合

基本的に、パソコン等の端末の LAN ポートは MDI、ハブ等の LAN ポートは MDI-X です。これが当てはまるとし、AUTO MDI/MDI-X に対応していないパソコンとハブを組み合わせて接続する場合、パソコンとハブを接続するなら MDI と MDI-X を接続するためストレートケーブル、パソコン同士を接続するなら MDI 同士を接続するためクロスケーブル、ハブ同士を接続するなら MDI-X 同士を接続するならクロスケーブルを使用します。

ハブ同士を接続する事をカスケード接続と呼びます。ハブによってはカスケードポートがあり、カスケードポートを使用してカスケード接続する場合、クロスケーブルではなくストレートケーブルを使用します。

ハブではカスケードポート以外の通常ポートは MDI-X、カスケードポートは MDI であり、カスケードポートを使用してカスケード接続する場合は、カスケードポートと通常ポート、すなわち MDI と MDI-X を接続するためストレートケーブルを使用します。

両者のハブにカスケードポートがあり、カスケードポート同士でもカスケード接続できますが、MDI 同士の接続となるため、この場合はクロスケーブルを使用します。

カスケードポートは、ネットワーク環境の構築や管理で、見た目が同じストレートケーブルとクロスケーブルが混在してややこしくならないようにストレートケーブルで統一できるよう設けられた LAN ポートですので、カスケード接続する際はカスケードポートを使用するのが正しい使い方です。

機器の組み合わせ 使用ケーブル
パソコン(MDI) ハブ(MDI-X) ストレートケーブル
パソコン(MDI) パソコン(MDI) クロスケーブル
ハブ
通常ポート(MDI-X)
ハブ
通常ポート(MDI-X)
クロスケーブル
ハブ
カスケードポート(MDI)
ハブ
通常ポート(MDI-X)
ストレートケーブル
ハブ
カスケードポート(MDI)
ハブ
カスケードポート(MDI)
クロスケーブル

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2015/11/17 更新