OSの種類 Windows 7

OSとは

OSとはOperating System(オペレーティングシステム)の略で、パソコンを動かすにあたって無くてはならないソフトです。パソコンを使うなら必須のソフトですが、たいていのパソコンは、OS はインストール済みとなって販売されています。(中には OS 無しで販売されているパソコンもあります。)

Microsoft 社の OS 「Windows 7」

パソコンの OS といえば、Microsoft 社の Windows が有名です。Windows は、数年ごとに新製品が販売されており、Windows 7 (ウィンドウズ セブン)は2009年に販売が開始された製品です。Windows 7 より一つ古い Windows Vista では、ユーザーからのソフトの互換性問題や動作が重い等に対する不満の声が多く、なかなか普及が進みませんでしたが、Windows 7 ではそのような問題点が解消されており、概ね評判は良好のようです。

私も Windows 7 を使用していますが、多少の不満はあるものの、Windows 7 に移行して満足しています。

Windows 7 各エディションの特徴

Windows 7 には幾つかのエディションがあります。それぞれ特徴があって使える機能が違います。よって自分の使用目的に適したエディションを選ぶ必要があります。

Windows 7 の主要エディションは、Home Premium、Professional、Ultimate の3種類ありますが、一般ユーザーであれば、Home Premium で十分です。Professional は、ビジネスユーザー向きとなっており、Windows XP モード、ドメイン参加、自動バックアップ等のビジネス向けの機能が追加されています。Ultimate は、Windows 7 の最上位エディションであり、全ての機能が詰まっていますので、全てのユーザーに向いていますが、価格が高いです。

エディション 特徴
Home Premium 一般ユーザー向けであり、販売されているパソコンに、最も多く採用されています。
Professional ビジネスユーザー向けであり、ビジネス仕様のパソコンに採用されていることが多いです。Home Premium にある機能を全て含み、それに加えてビジネスに必須の機能が追加されています。
Ultimate 最上位エディションであり、全ての機能が使えます。

Windows 7 では性能が高いパソコンが必要か

Windows 7 の先代にあたる Windows Vista では、パソコンの性能が十分に高くないと軽快に動作しないという問題がありましたが、Windows 7 では、大分改善されています。OS が新しくなると、たいていパソコンに要求する性能が高くなるものですが、Windows 7 のシステム要件は Windows Vista とあまり変わらず、同じパソコンで両者の OS を使ってみると、Windows 7 の方が動作が速いと感じるくらいです。

よって、Windows Vista の場合と違って Windows 7 搭載パソコンを選ぶときは、パソコンの性能を気にする必要性はあまりありません。各 PC パーツの性能は日進月歩で進化し、パソコンの性能が底上げされていることも考えれば、価格が最安値クラスのパソコンでも、新型モデルであれば問題ないでしょう。

ただし、Windows 7 の Professional や Ultimate にある Windows XP モードを使用する場合は、パソコンの性能が高くないと動作が重いです。なので、Windows XP モードを快適に使用したい場合は、最低でも標準的な性能を持つパソコンを選ぶのがおすすめです。
2013/08/08 更新