パッケージ、OEM、DSP の違い

Windows は、同じエディションでも、幾つかの種類に分けられて販売されている

Microsoft 社の OS 「Windows」は、同じエディションでも、幾つかの種類に分けられて販売されています。その種類には、パッケージ版、OEM 版、DSP 版の3種類があります。

それぞれの種類では、サポート、ライセンス、入手方法に関する点などにおいて違いがありますが、ソフトウェア自体の機能については違いはありません。つまり、どの種類を選ぼうと、エディションが同じであれば、そのエディションが提供している機能を全て使う事ができます。

Windows のバージョンによって異なるパッケージ、OEM、DSP の差異内容

Windows には、比較的新しいのに限ると、各バージョン Windows Vista、Windows 7、Windows 8 があります。各バージョンにパッケージ版、OEM 版、DSP 版がありますが、それぞれの違いはバージョンによって異なる事に注意が必要です。

Windows Vista、Windows 7 は、パッケージ版、OEM 版、DSP 版の違いは同じでしたが、Windows 8 から多少変わっています。そのため、Windows 8 を購入する際は、Windows Vista や Windows 7 とはパッケージ版、OEM 版、DSP 版の違いは異なる事を認識しておく必要があります。

パッケージ版、OEM 版(プリインストール版)、DSP 版(バンドル版)の特徴

Windows には、各エディションにはパッケージ版、OEM 版、DSP 版と呼ばれるものがあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

パッケージ版

パッケージ版は、ソフト単体でも販売されている OS ソフトです。パッケージ版の値段が基本価格となり、他の OEM 版や DSP 版と比べると価格が高いですが、Microsoft 社の無償サポートが付きます。また、OS の移動が認められていますので、既にインストールされたパソコンからアンインストールすれば、他のパソコンへインストールする事ができます。

直販パソコンで販売されているパソコンには、たいてい OEM 版が付きますので、このパッケージ版がセットになって販売される事はあまりありません。

パッケージ版には、通常版とアップグレード版があります。Windows Vista や Windows 7 には通常版とアップグレード版がありますが、Windows 8 は、アップグレード版のみとなります。

通常版は、パソコンに新規にインストールとなります。アップグレード版は、旧バージョンの Windows がインストールされたパソコンに対してインストールが可能であり、通常版よりも安く購入できます。ただし、どの旧バージョンでも良い訳ではなく、バージョンによってアップグレード可能な対象バージョンが異なります。例えば、パッケージ版の Windows 8 アップグレード版をインストールするためには、パソコンに Windows XP、Windows Vista、Windows 7 のどれかがインストールされている必要があります。

OEM 版(プリインストール版)

OEM 版は、パソコンにインストールされたかたちで販売されるもので、直販パソコンショップで販売されているパソコンに搭載される OS ソフトは、ほとんど OEM 版です。パッケージ版よりも大幅に安くなっていますが、Microsoft 社の無償サポートは付きません。また、パッケージ版と違い、移動する形で他のパソコンにはインストールできません。つまり、OEM 版がインストールされたパソコンが使えなくなったら、その OEM 版も使えなくなります。

この OEM 版は、パソコンとセットになって販売されるため、ソフト単体では購入できません。

DSP 版

DSP 版と呼ばれるものがありますが、これは OEM 版の一種です。OEM 版同様パッケージ版よりも大幅に安くなっていますが、OEM 版同様に Microsoft 社の無償サポートが付かず、ソフト単体での購入はできません。

DSP 版は、 他の PC パーツ(ハードディスク等)と一緒に購入するという条件が付きます。また、この DSP 版は同時に購入した PC パーツが組み込まれているパソコンにインストールして使用可能という条件もあります。そのため、この PC パーツと一緒に移動させれば古いパソコンから新しいパソコンへと引越しが可能です。

直販パソコンショップでは自作パソコンのセット、または PC パーツとセットにして販売されている事が多いです。

Windows 8 では、PC パーツと一緒に買う必要がなく、ソフト単体で購入が可能となっています。そのため、別のパソコンへ移動したい場合に、PC パーツと一緒に移動させる必要がなくなります。

直販パソコンには、一般的に OEM 版が付く

直販パソコンショップで販売されているパソコンには OEM 版がインストールされて販売される事が多いです。よって、直販パソコンを買う時は、あまり選択の余地がなく、OEM 版を選ばざるを得ません。

パソコンに OS 無しモデルがあれば、それを選び、別途でパッケージ版や DSP 版を購入して使う事ができます。 これなら、パソコンを買い換える時に OS を古いパソコンから新しいパソコンへ移せるので、節約になります。

しかし、新しいパソコンを買う頃には、新しい OS が出ているでしょうし、新しいパソコンも古いパソコンも使い続ける事になるでしょう。また、 OS の移動の手間等も考えれば OEM 版を選んでも特に問題はないはずです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSD追加&容量増量キャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール!」を実施中です。今なら週末(金〜月)限定で、クーポンでさらに17%オフです。XPS 13が当たるメルマガ登録キャンペーンも実施中です。
(6月26日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツもさらに値下げして特価販売しています。
(6月29日迄)

2014/09/10 更新