OSの種類 Windows 8

Microsoft 社の OS「Windows 8」

Windows 8 は、2012年に販売が開始された製品です。Windows 8 より一つ古い Windows 7 と比べると、ユーザーインターフェースが大幅に変わっており、タッチパネル操作に対応しています。(タッチパネル対応モニターが必須)

タッチパネル非操作画面への移行も可能で、この画面では従来の Windows 7 のように操作が可能となっておりますが、それでも操作方法が結構変わっており、戸惑う方が少なくないようです。

私も Windows 8 を導入しましたが、使い始め当初は操作方法に戸惑いました。今では大分慣れはしましたが、まだ操作がわからなくなる事があり、その度に調べては解決しています。

Windows 8 各エディションの特徴

従来の製品と同様に Windows 8 も幾つかのエディションに分けられて販売されています。

エディション 特徴
Windows 8 一般ユーザー向けです。Windows 8 という製品名と同一のため、わかりやすく無印版等とも呼ばれます。個人向けのパソコンは、たいていこのエディションがプリインストールされて販売されます。
Windows 8 Pro ビジネスユーザー向けです。企業等で使うために必要な高度なセキュリティ機能、リモートデスクトップ機能、ドメイン参加機能が含まれています。
Windows 8 Enterprise 企業向けです。ボリュームライセンスで販売されるため、個人が購入するものではありません。
Windows RT タブレット端末向けです。タブレット端末にプリインストールされて販売されます。操作性は他のエディションと同じものの、Windows RT 用のソフトウェアしか使えない等の制限があります。そのため、他のエディションとは別物と捉えておく必要があります。

パッケージ、OEM、DSP の違い

従来の Windows と同様に Windows 8 もパッケージ版、OEM版、DSP版に分かれて販売されますが、パッケージ版と DSP 版の特徴に変更があります。

パッケージ版

パッケージ版は、OS 単体で販売されますが、Windows 8 のパッケージ版には、アップグレード版しかありません。つまり、OS が何も入ってないパソコンに Windows 8 のパッケージ版をインストールできません。

OEM 版

プリインストール版とも呼ばれ、パソコンにあらかじめインストールされた状態で販売されます。

DSP 版

DSP 版は、OS 単体として販売されますが、従来の Windows と違って Windows 8 の DSP 版では、PC パーツとセットで購入する必要がありません。OS のみで購入可能です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン」を実施中です。ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のPC祭り!」を実施中です。今ならすぐに届く即納モデルがお買い得で、クーポン&キャッシュオフで15%オフです。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ドスパラの夏祭り」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、パソコン本体だけでなくPCパーツや周辺機器もさらに値下げして特価販売しています。
(8月31日迄)

2014/09/10 更新