Android のバージョンアップデートはできない場合あり

新しい Android バージョンの提供が打ち切られれば、アップデートできない

Android 搭載スマートフォンで、Android のバージョンアップデートをしたい場合、アップデートに必要な新しい Android バージョンをスマートフォンのメーカーが提供していれば、アップデートできます。

例えば、スマートフォンに Android 4.0 が搭載されており、スマートフォンのメーカーから Android 4.1 が提供されていれば Android 4.1 へアップデートできます。もし Android 4.1 が提供されていなければ、Android 4.1 へアップデートできません。

つまり、スマートフォンのメーカーからアップデートに必要な新しい Android バージョンが提供されなければ、アップデートできない事になります。

スマートフォンのメーカーがアップデートに必要な新しい Android バージョンを提供しない理由には様々な事情がありますが、主な理由は新しい Android バージョンの動作は難しい事です。

他の OS と同様に Android もバージョンアップするごとにスマートフォンに求められる性能のレベルが上がります。もしスマートフォンにとって新しい Android バージョンが動作するには性能不足であれば、バージョンアップデートできないという結果となります。

また、スマートフォンに搭載されているハードウェアの一部が、新しい Android バージョンでは正常に動作しなければ、バージョンアップデートは難しくなります。

Android は Google が開発しており、Google が提供した新しい Android バージョンを、スマートフォンのメーカーがカスタマイズしてユーザーに提供できるため、新しい Android バージョンで何らかの問題が発生するならカスタマイズして解決する手がありますが、そこまでする必要性が低かったら、バージョンアップデートできないという結果となります。

例えば、もう古くなってしまったスマートフォンであり使用しているユーザーが少なく、新しい Android バージョンを動かすためのカスタマイズに相当なコストがかかるなら、スマートフォンのメーカーは新しい Android バージョンの提供を打ち切る可能性が高くなります。


2015/12/29 更新