SIMロックとレベル2 SIMロックの違い

特定のSIMカードのみ使えるレベル2 SIMロック

SIMロックとは、特定のキャリアのSIMカードのみ使える事を意味します。例えば、スマートフォンにおいて、NTTドコモのSIMカードのみ使えるようSIMロックされたモデルは、ソフトバンクやKDDI(au)のSIMカードは使えません。NTTドコモのSIMカードであれば、他のSIMカードも使えます。

KDDI(au)の携帯電話やスマートフォンには、レベル2 SIMロックされたモデルがあります。レベル2 SIMロックは、通常のSIMロックよりも厳しい制限が掛けられたものであり、特定のキャリアに加えて特定のSIMカードのみ使える事を意味します。

レベル2 SIMロックされたモデルは、契約時に受け取ったSIMカードに関する情報が内部に記録されており、そのSIMカードとは異なる別のSIMカードを挿しても使えません。

レベル2 SIMロックされていると不便に感じる場合がありますが、もし紛失したり盗まれても悪用される事を防ぐ効果があります。ショップに行けばレベル2 SIMロックの解除の手続きが可能ですので、完全に悪用を防ぐ事はできませんが、レベル2 SIMロックの解除の手続きには身分証明書の提示が必要であり簡単にはできません。

2012年3月1日時点では、海外メーカー製のモデルにレベル2 SIMロックされていないモデルが多く、KDDI(au)の携帯電話やスマートフォンの全てのモデルが、レベル2 SIMロックされているわけではありません。

また、レベル2 SIMロックに不便を感じるユーザーは少なくありません。レベル2 SIMロックされている事を望むユーザーもいるかもしれませんが、そのような要望が多ければ、NTTドコモやソフトバンクもレベル2 SIMロックを積極的に導入するはずです。

そのため、いずれはレベル2 SIMロックされたモデルの販売は、なくなると思われます。


2016/02/01 更新