ハードウェアRAIDとソフトウェアRAIDの違い

コスト、CPU にかかる負担に違いあり

RAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)は、複数台のストレージを使用し、データ読み書き速度やデータ安全性を向上させる技術です。

RAID を利用するには、複数のストレージを制御しデータの読み書き処理を行う必要がありますが、このような RAID 処理を RAID コントローラーと呼ばれるハードウェアで実行することを、ハードウェア RAID と呼びます。

ハードウェア RAID では、ハードウェアの分のコストがかかりますが、RAID の処理は RAID コントローラーにあるプロセッサーで実行するため、CPU にかかる負担が小さいです。

RAID 処理をソフトウェアで実行することを、ソフトウェア RAID と呼びます。ソフトウェア RAID では、ハードウェアの分のコストがかかりませんので、ソフトウェアの方がコストが安いです。

ソフトウェア RAID だと、RAID の処理は CPU で実行するため、CPU にかかる負担が大きいです。CPU の性能が低い、CPU の性能が高くても他の処理もあって CPU に余裕がないと、RAID 処理の速度が遅くなることによってストレージに対するデータ読み書き速度が遅くなることがあります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2017/03/28 更新