Serial ATA 3.0 Gbps より Serial ATA 6.0 Gbps を選ぶ方が良いか

HDD なら無理に選ぶ必要は無い

Serial ATA 3.0 Gbps と Serial ATA 6.0 Gbps は、ストレージの接続規格です。Serial ATA 6.0 Gbps は、Serial ATA 3.0 Gbps の後継となる接続規格です。

規格名からも分かりますが、主な違いはデータ転送速度であり、3.0Gbps から 6.0Gbps へ向上しています。

Serial ATA 3.0 Gbps と Serial ATA 6.0 Gbps は、ANSI 規格名と呼びますが、規格名称が長いせいか、以下の呼び方が使われる事が多いです。

ANSI 規格名 呼び方
Serial ATA 3.0 Gbps Serial ATA II
S-ATA2
Serial ATA 300
Serial ATA 6.0 Gbps Serial ATA III
S-ATA3
Serial ATA 600

以降では、ANSI 規格名を使って記載します。

データ転送速度が速いほど、ストレージのデータ読み書き速度が速くなりますので、Serial ATA 6.0 Gbps の方がパソコンの性能が向上します。

そのため、Serial ATA 6.0 Gbps を選ぶ方が良いですが、ストレージが HDD(Hard Disk Drive)の場合は無理に選ぶ必要はありません。

HDD では内部で機械的動作が伴い、これがボトルネックになってしまうため、Serial ATA 3.0 Gbps から Serial ATA 6.0 Gbps に変わっても、データの読み書き速度の向上幅は小さいです。

しかし、データの読み書き速度は向上しますので、少しでも性能の高さを重視したいなら、Serial ATA 6.0 Gbps を選ぶ方が良いです。

一方、ストレージが SSD(Solid State Drive)の場合は、Serial ATA 6.0 Gbps を選ぶ方が良いです。

SSD は、HDD のように機械的動作が無く、接続規格のデータ転送速度がボトルネックとなりますので、Serial ATA 3.0 Gbps から Serial ATA 6.0 Gbps に変わる事で、データの読み書き速度は大幅に向上します。

ストレージ 接続規格
HDD Serial ATA 6.0 Gbps を無理に選ぶ必要無し
SSD Serial ATA 6.0 Gbps を選ぶ事を強く推奨

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「夏のボーナス特集」を実施中です。普段使い、ゲーミング、クリエイター用の売れ筋パソコンをお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のファイナルセール」を実施中です。最大18%オフクーポンで今ならお得です。
(8月20日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「サマーセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(8月30日迄)


2014/09/13 更新