個人でも日本で購入できるようになった Chromebook

Acer と Dell が販売開始

Google 社が開発した Chrome OS が搭載された Chromebook が、2014年11月より日本国内において個人向けに販売開始されました。

販売開始したのは海外メーカの Acer(エイサー)と Dell(デル)です。販売開始となった Acer の製品名は Acer Chromebook C720、Dell の製品名は Dell Chromebook 11 であり、以下は両製品の主な仕様です。

メーカー Acer Dell
製品名 Acer Chromebook C720 Dell Chromebook 11
画面サイズ 11.6インチ型 11.6インチ型
解像度 1366×768 1366×768
CPU Celeron 2955U Celeron 2955U
メインメモリー 4GB 4GB
ストレージ SSD 16GB SSD 16GB
グラフィックス CPU 内蔵 CPU 内蔵
USB USB2.0×1
USB3.0×1
USB3.0×2
映像出力 HDMI×1 HDMI×1
無線 LAN IEEE 802.11a/b/g/n IEEE 802.11a/b/g/n
バッテリー 8.5時間 10時間

どちらの製品も仕様は似ており、価格はショップによって異なりますが3〜4万円の間で安く買えるのが特長です。価格が安い理由は、ハードウェアにかかるコストが低く、Chrome OS は無償だからです。

なぜハードウェアにかかるコストが低いかと言うと、Chromebook では基本的にウェブアプリケーションを使用し、クラウド上でデータを管理するため、高い性能が必要なくストレージ容量は小さく済むからです。

また、Chromebook はウェブアプリケーションの利用とクラウド上でのデータ管理を前提とした使い方が求められるため、常時インターネットに接続できる環境が必須となりますが、インターネットが普及した今では、あまり大きな問題にはなりません。

ウェブアプリケーションのみを利用し、クラウド上でデータを管理する使い方ができれば、Chromebook で用は足りますので、今後ウェブアプリケーションであらゆる作業ができるようになり、クラウド上でデータを管理する使い方が普及すれば、Chromebook が Windows ノートパソコンに取って代わるかもしれません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2014/11/15 更新