ノートパソコンはサイズが小さいと搭載CPUのTDPが小さい理由

放熱性が悪く TDP が大きい CPU を搭載できない

サイズが小さいノートパソコンに搭載されている CPU の TDP(Thermal Disign Power)を見ると、TDP が小さい傾向が見られます。

その理由は、ノートパソコンに限らず、サイズが小さくて内部スペースが狭く放熱性が悪いパソコンには、TDP が大きい CPU を搭載できないからです。

TDP とは、最大発熱量です。放熱性が悪いパソコンに TDP が大きい CPU を無理に搭載すると、CPU から発した熱量をパソコン外部へ十分放出できず、CPU に限らず他の PC パーツも異常な温度になり、正常に動作できなくなります。

TDP が小さい CPU なら、サイズが小さくて内部スペースが狭く放熱性が悪いパソコンにも搭載できます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2017/07/28 更新