マルウェア対策ソフトとウイルス対策ソフトの違い

マルウェア対策ソフトとウイルス対策ソフトは同じもの

マルウェアとは、悪意のあるソフトウェアのことです。

ウイルスは、マルウェアの一種であり、ウイルスはコンピューター内のファイル等に侵入して感染し、増殖します。

マルウェアには、ウイルスの他にワームやトロイの木馬、スパイウェア、アドウェア、ランサムウェア、ボット等があります。

一般的には、ウイルス、ワーム、トロイの木馬等、マルウェアの全てをまとめてウイルスと呼ぶことが多いです。

以上のことを認識して、マルウェア対策ソフトとウイルス対策ソフトの違いを見ていきます。

マルウェア対策ソフトとは、マルウェアを検知し駆除できるソフトウェアのことです。

ウイルス対策ソフトとは、ウイルスを検知し駆除できるソフトウェアのことですが、ここでのウイルスとは、マルウェアの全てをまとめてウイルスと呼ぶ場合のウイルス、すなわちマルウェア全体のことです。

以上からわかるとおり、マルウェア対策ソフトとウイルス対策ソフトは呼び方が異なるだけであり、同じものです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 」を実施中です。モバイルノートパソコンもSSD搭載で10万円位内で買えます。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ゴールデンウイークセール」を実施中です。おすすめモバイルPCがクーポンで最大17%オフです。
(4月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ゴールデンウィーク お客様感謝セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(キャンペーン実施中)


2019/03/20 更新