mSATA SSD と SSD の違い

mSATA はインターフェース規格 SATA の一種で、コネクタ仕様が異なる

内蔵ストレージとして使われる SSD の他に、mSATA SSD と呼ばれる物があります。まず mSATA SSD についてですが、これは mSATA で接続して使用する SSD です。

mSATA(Mini Serial ATA)は、マザーボードと内蔵ストレージを接続するために使われるインターフェース規格 SATA(Serial ATA)の一種となるインターフェース規格です。

コネクタ仕様が異なっており、mSATA では接続時にケーブルを使わず、スロットへの抜き差しで内蔵ストレージを装着可能です。

このようなコネクタ仕様により、狭い内部スペースを有効に使えるようになり、mSATA は主にノートパソコンや小型のデスクトップパソコンで使用されています。

もう一方の SSD は、SATA(Serial ATA)で接続して使用する SSD です。SATA もマザーボードと内蔵ストレージを接続するために使われるインターフェース規格であり、多くのパソコンで使用されています。SATA では、マザーボードと内蔵ストレージをケーブルで接続します。

SATA 接続で使用する SSD には SATA を付けて呼ばれませんが、mSATA は特殊のため、mSATA 接続で使用する SSD には、区別しやすいよう mSATA という言葉が付けられて呼ばれます。

mSATA SSD は薄いカードのような形状

mSATA SSD と SSD は、コネクタ仕様だけでなく、外観も異なります。SSD は薄い長方形ですが、mSATA SSD はさらに薄く、カードのような形状となっています。

mSATA SSD は、パソコン内部スペースをあまり占めないため、SSD の搭載ができない小型パソコンでも mSATA SSD を搭載する事で、ストレージとして SSD の使用が可能となります。

また、SSD を搭載するパソコンでも mSATA SSD を追加搭載するモデルが見られます。例えば、SATA 接続で使用する内蔵ストレージを1台のみ搭載可能なノートパソコンでは、SSD を1台しか搭載できませんが、mSATA SSD も搭載可能であればストレージ容量の拡張だけでなく、RAID 構成の実現も可能となります。

mSATA も SATA もデータ転送速度は ANSI 規格で決まる

SATA は、さらに規格が分かれ、規格ごとにデータ転送速度が異なりますが、mSATA も同じように分かれます。

各規格には ANSI 規格名が付けられ、一般的な呼び方は複数ありますが、以下は SATA に見られる ANSI 規格とデータ転送速度です。

ANSI 規格名 呼び方 テータ転送速度
Serial ATA 1.5 Gbps Serial ATA
S-ATA
Serial ATA 150
150MB/s
Serial ATA 3.0 Gbps Serial ATA II
S-ATA2
Serial ATA 300
300MB/s
Serial ATA 6.0 Gbps Serial ATA III
S-ATA3
Serial ATA 600
600MB/s

以下は、mSATA に見られる ANSI 規格とデータ転送速度です。

ANSI 規格名 呼び方 テータ転送速度
Serial ATA 3.0 Gbps Serial ATA II
S-ATA2
Serial ATA 300
300MB/s
Serial ATA 6.0 Gbps Serial ATA III
S-ATA3
Serial ATA 600
600MB/s

mSATA では、Serial ATA 1.5 Gbps は見られません。その理由は、SATA はバージョンアップし、データ転送速度の向上や機能追加が行われていますが、バージョンアップして ANSI 規格が Serial ATA 1.5 Gbps から Serial ATA 3.0 Gbps となり、さらにバージョンアップしてから SATA の一種として mSATA が登場したからです。

また、SATA では、バージョンではなくリビジョンとなりますが、同じような意味となります。リビジョンと ANSI 規格との関連付けを行うと以下のようになります。

リビジョン ANSI 規格
Serial ATA 1.0 Serial ATA 1.5 Gbps
Serial ATA 1.0a
Serial ATA 2.0 Serial ATA 3.0 Gbps
Serial ATA 2.5
Serial ATA 2.6
Serial ATA 3.0 Serial ATA 6.0 Gbps

mSATA が登場したのは、リビジョン Serial ATA 2.6 です。つまり、mSATA はリビジョンが必ず Serial ATA 2.6 以上になります。ANSI 規格で言えば、mSATA は ANSI 規格が必ず Serial ATA 3.0 Gbps 以上になります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「シルバーウィークセール」を実施中です。XPSノートや人気の商品が最大20%オフクーポンでお得です。
(9月25日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「オータムセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(9月27日迄)


2014/09/24 更新