容量が大きいSSDほどデータ書き込み速度が速い理由

フラッシュメモリーの数が多いほどデータ書き込み速度に有利

SSD の内部にはフラッシュメモリーがあり、そのフラッシュメモリーに対してデータ書き込みを行いますが、SSD 内部には複数のフラッシュメモリーがあり、基本的に SSD の容量が大きいほどフラッシュメモリーの数が多いです。

例えば、SSD に1つの容量が 20GB のフラッシュメモリーが採用されているなら、容量 100GB の SSD にはフラッシュメモリーが5、容量 200GB の SSD にはフラッシュメモリーが10あります。

SSD では、複数のフラッシュメモリーに対し分散させてデータを書き込むことができ、フラッシュメモリーの数が多いほど同時に書き込めるデータ量が大きくなり、データ書き込み速度が向上します。

SSD にて容量以外の仕様が同じと思われる製品の仕様を比べてみると、容量が大きいほどデータ書き込み速度が速い場合がありますが、上記のとおりフラッシュメモリーの数が多いからです。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2017/03/22 更新